2008年04月18日

90年前に女性車掌誕生

 今では女性の車掌は珍しいものではありませんが、90年前の大正7年4月18日が美濃電気軌道で女性の車掌が始めて誕生した日だそうです。
 90年前のというと今より女性の地位が低い時代でしたし、今と比べ車掌がする仕事も多かったのでなかなか大変だったでしょうね。
 なお、国鉄で女性の車掌が誕生したのは、第二次世界大戦中の昭和19年だそうです。これは男子職員が兵隊の取られ人で不足になったこと理由です。両方とも戦争が関係しているというのは、戦争が起こると世の中の考え方が変化するということなのでしょうか…。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 18:18 MAXたにがわ

 今日の朝は大雨と強風で電車が遅れたり、止まったりしたところもあったようですが、私が乗った路線はどれも問題ありませんでした。
 朝の新幹線MAXたにがわは、雨のためか空いていました。高崎駅までの在来線はどれもダイヤ通りに運行していたようなので乗り遅れた人がいたわけではないようです。
 帰りの新幹線はMAXたにがわに乗りました。週末でしたが明日の天気もよくない予報だったので空いているかと思ったのですが混んでいて、熊谷駅まではデッキで立っていました



【きょうは何の日】日本初の女性車掌誕生

 大正7(1918)年4月18日、岐阜県一帯に路線を持つ美濃電気軌道(その後、名古屋鉄道に吸収合併)で日本最初の女性車掌3人が誕生した。
 勤務は午前7時から夕刻、服装は黒カシミヤの事務服に深ゴム靴。女性車掌の採用は、第一次世界大戦の好景気で車掌を募集しても集まらなかったことも一因といわれている。それから70年以上たった平成2(1990)年、秋田内陸縦貫鉄道で国家試験に合格した日本初の女性運転士が誕生している。
(2008年4月18日 産経新聞)


posted by 長流水 at 20:11| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。