2008年04月07日

山梨の「桃源郷」を走るSL

 山梨県での蒸気機関車SL)の運転のニュースです。走っているD51はSL奥利根号などで使われている機関車ですね。
 このSLの運転は『富士の国やまなし「風林火山」観光キャンペーン』の一環ですね。JRはSLの運転以外にも山梨で行われる「駅からハイキング」のポイントアップキャンペーンなどを行っています。
 山梨には数年前に毎週のように出張で行きましたが、一回も観光をしたことがありません。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 18:50 あさま

 朝の、新幹線MAXたにがわは、学校が始まったためなのか先週と比べ高崎駅で乗った人が多かったです。あまり、混んでいたのでいつもと車両を変えて空いていた隣の車両に乗りました。そのため、比較できませんが本庄早稲田駅、熊谷駅で乗った人も多かったようです。
 帰りの新幹線はあさまに乗りました。高崎駅でちょっと歩きますが、いつもと違う車両に乗ったら混ではいましたが座れました。(3人掛けの席の真ん中。)
 先週、金曜の地震による停電ですが、どこにも報道されなかったみたいです…。



SL:満開の「桃源郷」で汽笛響かせ 山梨・笛吹

 「デゴイチ」の愛称で親しまれるD51型蒸気機関車(SL)が、桜や桃の花でピンクに染まった山梨県の甲府盆地で特別運行されている。
 桃の生産量日本一を誇る同県笛吹市は6日快晴となり、約30万本の桃の花はほぼ満開。汽笛を響かせて「桃源郷」を突き進む雄姿を一目見ようと、県内外から多くの鉄道ファンらが集まった。
 県内でのSL運行は38年ぶり。
(2008年4月6日 毎日新聞)


posted by 長流水 at 20:50| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。