2008年03月14日

青函トンネル開業20年

 世界最長の海底トンネルである青函トンネルを歩くツアーのニュースです。
 国内だと歩いて通れる海底トンネルというと、本州と九州の間の関門トンネルがありますが、青函トンネルの場合距離が長いのでツアーも大変でしょうね。
 ツアーで歩いた距離が23kmとありますから、6時間以上は歩いたのではないでしょうか。記念になりますが参加した人は大変でしたね。
 道路だと関越道の関越トンネル(約11km)が国内最長ですが、これを歩くのも私ならパスしたいです。JR吾妻線の樽沢トンネルなら喜んで歩くのですが…。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 19:18 MAXとき

 今日はちゃんと16両編成のMAXたにがわに乗りました。大学が春休みになっているからでしょうか。最近は空き気味です。
 帰りの新幹線はMAXときに乗りました。週末ですので家族連れなどが多かったです。もう、春なので観光なのかもしれませんね。高崎駅では、秋間、箕郷、榛名の梅林まつりのキャンペーンをしていました。明後日の16日には無料のバスも出るようです。



青函トンネル 130人踏破 開業20年記念ツアー

 青函トンネルの開業二十年を記念した「探検ツアー」が九日、同トンネル内で行われ、道内外から参加した小学六年から七十六歳までの約百三十人が津軽海峡を歩いて渡った。
 一行は、青森側の竜飛海底駅を出発。列車が通る本坑に先だって掘られた作業坑や先進導坑をたどり、渡島管内福島町の吉岡斜坑口まで約二十三キロを歩き通した。
(2008年3月10日 北海道新聞)

 吾妻線の樽沢トンネルは川原湯温泉駅から2kmほどのところにある日本一短い鉄道トンネルで、全長はわずか7.2mです。歩いても10秒かかりません。電車だと文字通り一瞬です。


posted by 長流水 at 21:23| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。