2008年02月29日

九州新幹線のデザイン発表

 昨日の0系の引退のニュースと変わって、今日は九州新幹線の車両のデザインのニュースです。
 見た目には、塗装の違うN700系のようですが、内部はだいぶ変わっているようです。海岸線沿いを走ることが多く、勾配が少ない東海道新幹線仕様の車両を、パワーアップしたといった感じでしょうか。
 また、模型の写真ではよく分かりませんが、車体の色はかなり青っぽい感じのようです。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 19:38 MAXたにがわ

 今日の朝のMAXたにがわはいつもどおりといった感じだったと思います。高崎駅で乗った後すぐ寝て、大宮駅に着く直前までまったく目が覚めなかったので、大宮駅で降りる前に見た感じですが…。
 帰りの新幹線は週末なので熊谷駅で止まるMAXたにがわにしました。この新幹線は16両編成ですので、週末の大宮駅からでも座れます。
 大学が春休みに入ったところもあるからでしょうか。朝の高崎駅、大宮駅ではスノーボードを持った人を多く見ました。スキーを持っている人は少ないですね。スキー場で見る、スキーとスノーボードの比率とは合っていないようです。スキーの人は車で行く人が多いということでしょうか…。



新大阪〜鹿児島中央結ぶ直通新幹線、スピード感と品格

 JR九州とJR西日本は、2011年に全線開業する九州新幹線と山陽新幹線に相互乗り入れし、新大阪〜鹿児島中央間を約4時間で結ぶ直通列車のデザインなどを発表した。
 日本の伝統的な美しさと力強さをイメージさせる「凛」がテーマ。青磁のような青みがかった白い車体の側面に藍色と金のラインを走らせ、スピード感と品格などを表現している。
 最新型のN700系をベースに、九州の急傾斜に対応できるようモーターを増設し、振動を抑える装置で乗り心地を良くする。8両編成で、最高時速は山陽新幹線で300キロ、九州新幹線で260キロ。
(2008年2月28日 読売新聞)


posted by 長流水 at 21:27| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。