2008年02月15日

恵那のボンネットバス引退

 岐阜県の恵那市で観光用に使われていたボンネットバスがとうとう引退になるというニュースです。
 昔懐かしいこのボンネットバスですが、全国で35台ほどが観光用などで利用されているようです。古いものでは50年以上前の車体ですからすごいですね。
 ボンネットバスについては以下のサイトに情報が色々とありました。
  URL http://www5b.biglobe.ne.jp/~bonnet/

 なお、最近の小型のノンステップバスでボンネットのあるものは、広い意味ではボンネットバスだと思うのですが、上のサイトでは触れられていませんね。(前橋市のマイバス、大阪市の赤バスなどのコミュニティバス。)

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 19:38 MAXたにがわ

 今日の朝も16両編成のMAXたにがわでした。少し空いていた感じでした。
 帰りの新幹線も昨日と同じ16両編成のMAXたにがわでした。帰りの新幹線は週末ですので旅行らしい団体がけっこういました。
 帰りの大宮駅の新幹線ホームから、向かいのビル(アルシェ)の気温を表示している看板が見えるのですが、この気温の表示がいい加減で今日は13℃、昨日は12℃、一昨日は10℃でした。ちなみに、さいたま市の最高気温は今日は8℃、昨日は9℃、一昨日は5℃です。以前から少し表示している温度が「おかしいな」とは感じていたのですが、最近はひどいですね。



恵那の名物ボンネットバス、老朽化で引退

 恵那市の名勝などを巡る観光ツアーで使用され、人気を集める古いボンネットバス「トコトコぼんちゃん」が、老朽化のため4月に引退することになった。
 同バスは1965(昭和40)年製。2001年から同市観光協会が東鉄観光恵那支店とともに催す観光ツアーで活用してきた。
 だが、耐用年数を超えている上、交換部品の調達も難しくなったことから今回引退することに。
 同協会などは長年の愛顧に感謝し、引退イベント「さようなら『トコトコぼんちゃん』ありがとうツアー」と題したツアーを来月15日から1カ月間にわたり実施する。また、来月から同バスの写真を収めた絵はがきセットも限定発売することにしている。
(2008年2月15日 岐阜新聞)


posted by 長流水 at 21:16| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。