2008年02月13日

DMV実験走行の乗客募集

 熊本の南阿蘇鉄道で線路と道路を走行できる、DMV(デュアル・モード・ビークル)の実験走行の乗客を募集しています。
 実験走行は新しい鉄道の車両に乗って観光地めぐりという内容ですから、すごくお得なイベントですね。鉄道ファンだけでなく、この時期(3月20日−22日)に熊本に観光に行く予定の人も申し込んではどうでしょうか。
 申し込みは南阿蘇鉄道のホームページ(URL http://www.mt-torokko.com/)で行えます。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 18:58 たにがわ

 今日の朝はいつものMAXたにがわです。この新幹線は高崎駅に着くときにはほとんど乗客が乗っていない状態ですが、高崎駅で40%程度の乗車率になります。大宮駅に着く頃の乗車率は90%程度でしょうか。
 今日の朝、高崎駅で見たガーラ湯沢行きのたにがわにはたくさんのスキー客が乗っていたようですが、今日のガーラ湯沢スキー場は強風のため休業でしたね。谷川岳天神平スキー場や(かぐら)みつまた・田代スキー場もそうですが、ロープウエイで登ってゲレンデというつくりのスキー場は風に弱いですね。
 帰りの新幹線は200系10両編成のたにがわでした。高崎駅での降りる場所にこだわらなければ、大宮駅からでもかなり余裕で座れます。私の場合は、高崎駅での乗り換え時間の関係で、乗る場所にこだわっているので、私の乗った車両はそれほど空いていなかったです。



DMV実験走行の乗客募集 熊本・南阿蘇鉄道

 熊本県高森町の第3セクター南阿蘇鉄道は、線路と道路の両方を走れる車両「デュアル・モード・ビークル」(DMV)の導入に向け、3月20−22日の3日間、一般客を乗せた実験走行を実施する。客を乗せての走行は九州初の試みで、2月26日まで試乗希望者を募集している。
 DMVは鉄輪とタイヤを使い分けることができ、鉄道の駅と目的地を乗り換えなしで結ぶ。実験は実際の運行に向けた利用者の意見収集が目的という。阿蘇山南側の高森−中松間の線路を走り、道路を移動して草千里ケ浜や白川水源など周辺の観光地を回る。
(2008年2月13日 産経新聞)


posted by 長流水 at 20:51| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。