2008年01月22日

成田空港への高速鉄道の開業は2010年

 京成電鉄の新しい成田空港への鉄道のニュースです。
 今の京成スカイライナーは京成上野から成田空港までの所要時間が京成の特急と比べて大差がなく(スカイライナーで56分、特急で71分)、スカイライナーの特急料金を払う価値があるのかいつも悩むのですが、新しい鉄道になると約30分の差になるので利用価値は高そうですね。
 成田空港はアクセスがそれほど悪いわけではないと思うのですが、非常に遠いと感じてしまうのは、私が群馬県在住だからでしょうか…。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 19:38 MAXたにがわ

 朝の新幹線ですが高崎駅から乗った人は昨日よりは少なかったですが、それでも普段よりはやや多目といった感じでした。ちなみに、高崎駅到着時の乗客は1両当たり数人といったところです。
 朝の新幹線はE4系のMAXなのですが車両のタイプが2つありますが、外からの見分け方が分かりません。(違いは車内販売ワゴン用のエレベータの有無だと思います。)
 帰りの新幹線はMAXたにがわに乗りました。この新幹線は熊谷駅までは割りと乗客がいますが、熊谷駅で半分くらいが降ります。




成田空港と都心を結ぶ高速鉄道を整備、開業は2010年

 成田空港と都心を高速の鉄道で結ぶ新線の建設が進んでいる。京成高砂駅と成田空港駅の間に造る「成田新高速鉄道」だ。完成すれば、日暮里駅から空港第2ビル駅までの最短の所要時間は、現状の51分から36分に縮まる。
(2008年1月22日 日本経済新聞)


posted by 長流水 at 21:13| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。