2007年11月21日

ベビーカーをたたまずに乗車

 ベビーカーのニュースですね。私が乗る電車は朝は時間が早いですし、帰りも子連れの人が乗っているような時間ではないので、ベビーカーと乗り合わせることはほとんどありませんが、ベビーカーの問題はどちらかというと周囲の人の問題ではないでしょうか。
 ベビーカーの引きずり事故も鉄道会社側の安全確認の問題ではないのかなぁ…。と、思うのですが違うのかな?
 なお、ベビーカーをたたんで乗るというのは非現実的ですよね。荷物と子供とベビーカーを手に持って(抱いて)電車に乗るのは困難でしょ。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 19:30 あさま

 今日の朝はいつもの電車に乗れました。今日は、2組ほど修学旅行関係が乗っていたようなのですが、どちらの学校も制服を着ていませんでした。群馬の中学・高校で私服のところは(私の記憶では)ないので、小学生だったのでしょうか?
 帰りのあさまですが満席なのでデッキにいたのですが、天井から強い風が出ていて非常に不快です。何とかならないのでしょうか。今度、車掌さんに聞いてみよう。




ベビーカー 増える「たたまず乗車」

 乳幼児をベビーカーに乗せたまま、電車やバスなどの交通機関が利用できるようになってきた。ただ、ベビーカーが電車のドアに挟まり、そのまま引きずられ、子どもや親がけがをする危険な事故も今年は続いた。鉄道会社やメーカーなどで、事故を防ぐための取り組みが始まっている。利用者も十分、注意をしたい。
(2007.11.21 読売新聞)


posted by 長流水 at 22:50| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。