2007年09月14日

信越本線が復旧

 7月の中越沖地震による被害で運休が続いていた、信越本線が2ヶ月ぶりに復旧したそうです。
 信越本線というと、昔は高崎〜直江津〜新潟という、非常に長い路線だったのですが、長野新幹線開通後に、横川〜軽井沢間が廃止になり、軽井沢〜篠ノ井間が第3セクターのしなの鉄道になったために、以前と比べるとさみしい路線になったというのが印象です。(高崎〜横川間はSuica対応していないし…)
 夏休みの間中ずっと運休していたので、JR東日本にとっては大きな被害だったのでしょうね。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 20:50 MAXとき

 今日の朝の新幹線はだいぶ混んでいました。理由を考えてみたのですが、ちょっと思い当たりませんが…。
 帰りの新幹線も熊谷駅までは少し混んでいた感じです。
 それと、涼しくなってきたためか、社内の空調は冷房ではなくなったようです。




信越本線復旧、特急北越の出発式

 新潟県中越沖地震の影響で不通となっていたJR信越線の柿崎・柏崎間が13日復旧し、JR富山駅では特急北越の出発式が行われました。
 運転が再開されたのは新潟方面への特急北越や、寝台列車の「北陸」「能登」「日本海」「きたぐに」などです。
 新潟県中越沖地震以来59日ぶりの運転再開で、富山駅では、13日午前7時過ぎに特急北越の出発式が行われ、乗客がさっそく乗り込みました。
 ただし、柿崎・柏崎間では当分の間、徐行運転を行うため、列車に15分程度の遅れが出ます。
 JRでは上越新幹線などへの乗り継ぎに注意するよう呼びかけています。
(2007.9.13 KNB Web)


posted by 長流水 at 00:00| 群馬 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。