2007年09月03日

トロッコ列車で銅山跡探索

 熊野銅山の坑道(跡)をトロッコ列車で観光する記事ですね。ここは、トロッコ列車に乗って坑道をかなり見ることができるようですね。
 栃木県の足尾銅山でも同じようにトロッコ列車で銅山跡に入ることができます。ただ、足尾銅山は坑道に入るのにトロッコ列車を利用するだけで、実際に坑道内の移動は徒歩です。(トロッコ列車に乗るのは200mくらいかな?)
 足尾とトロッコ列車といえば、わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車ですね。これから、紅葉の季節はトロッコ列車からの景色が良いでしょうね。
 わたらせ渓谷鉄道は平行して国道が通っているのですが、鉄道と国道は位置(高さ)が微妙に違っていて、景色は鉄道のほうがいいです。

【今日の新幹線】
朝:高崎 7:35 MAXたにがわ
  東京 9:03 のぞみ

 今日は出張で大阪まで来ています。高崎→東京→新大阪と新幹線で移動すると、家から4時間くらいで大阪までくることができますね。ちょっときついですが日帰りできない距離ではないです。(今日は大阪宿泊です。)
 東海道新幹線に乗ると毎回感じますが、上越新幹線や長野新幹線と比べると、列車の本数も多いし、編成も大きいので座れるかの心配をしなくていいですよね。
 これは、東海道新幹線はライバルとして航空機があるが、上越新幹線・長野新幹線にはライバルがいないからなのでしょうね。上越新幹線・長野新幹線のサービスが悪いとは言いませんが、もう少し車両を増やしてほしいです。
 明日、帰ります。




トロッコ列車で銅山跡探索

 三重県熊野市紀和町で、銅山跡のトンネル内をトロッコ電車で巡る探検会があった。家族連れなど約80人が探索し、旧銅山の歴史を学ぶなどして楽しんだ。

 かつて栄えた同町の銅山は78年に閉山。トロッコだけが観光用として90年に復活した。しかし、05年から改修工事のため休業中で、運営する町観光開発公社が親子の夏休みの思い出づくりに、と特別に一部区間を走らせることになった。
(2007.9.2 朝日新聞)


posted by 長流水 at 22:21| 群馬 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。