2007年07月26日

東北新幹線、最速320キロへ

 東北新幹線の青森までの開通に伴って、新幹線の高速化のニュースです。東海道・山陽新幹線のN700系 のぞみ の300キロより速い320キロだそうです。
 当然ですが、現在のE2系ではこんな速度は出せないので、新型車両を作るそうです。
 まあ、ここからは私の予想ですが、開発される新幹線は上越・長野新幹線にとしては使われないですね。理由は、東北新幹線と違い航空機というライバルがいないので、速度を求める必要がない。

【昨日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 21:10 あさま

 新幹線の乗客が学校が夏休みに入ってから様変わりしています。今日は大宮駅の新幹線改札で海水浴に行くと思われる家族連れを見ました。ほかにもスーツケースを持った家族連れも何組か見ました。
 で、多くの家族連れに共通する項目として父親の姿がありません。「お父さんは仕事ですか?」

 今日も選挙関係です。私は支持している政党はないのですが(個人的に応援したい人や、応援を絶対にしたくない人はいます。)、選挙には必ず行くようにしています。
 選挙は行く行かないはもちろん個人の自由ですが、できるだけ行くようにしましょう。意思表示をしない人は発言権を取り上げられても仕方ありません。(会議で黙っている人は困りますよね。)
 夏休みで都合の悪い人も多いと思いますが、できる限り選挙に行きましょう。当日都合の悪い人も期日前投票を利用しましょう。




東北新幹線、最速320キロ 東京〜新青森が3時間に

 2010年度末に予定される東北新幹線の青森延伸に合わせ、JR東日本は新幹線の営業最高速度を、現在の時速275キロから国内最高の320キロに上げる方針を固めた。東京―新青森間の所要時間を3時間に縮め、ライバルの航空機をシェアで圧倒するのが狙いだ。新幹線の国内最高速度が更新されるのは、97年に東海道・山陽新幹線に登場した「500系」の300キロ以来。320キロは現時点で世界最速のフランス国鉄「TGV」と肩を並べる。

 現在、東北新幹線の営業最高速度は275キロで、東京―八戸間(約595キロ)を最短2時間56分で結んでいる。東京―新青森間(約675キロ)は現行速度のままだと3時間20分程度かかるが、320キロの場合はほぼ3時間に縮まる見込み。現行の所要時間と比べると、約1時間の短縮が実現する。
(2007.7.26 朝日新聞)


posted by 長流水 at 22:59| 群馬 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。