2007年06月14日

新幹線通勤を楽しむ

 私と同じように新幹線通勤をしている人の書いた記事です。
 この記事を読むと、新幹線の中でみながいろいろなことをしているように思えますが、実際には半数以上の人は何もせず寝ていると思います。私は朝の新幹線でパソコンを広げている人は残念ながら見たことがありません。
 ただ、新幹線は停車駅の間が長いので何かをするには適していると思います。
 ちなみに、私は朝はケータイのアラームをセットして寝ています。帰りは本を読んでいることが多いでしょうか。

【今日の新幹線】
朝:高崎  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 22:30 あさま

 今日の朝も、修学旅行生が多かったです。
 高崎駅は新幹線改札のところに1校と、新幹線ホームには1校いました。
 したがって、今日の新幹線も混んでいました。
 しかし、不思議なことに帰りの下りの新幹線で修学旅行生と一緒になったことは一度もありません。時間の問題が大きいかな? > 今日みたいな時間の新幹線じゃ当然ですね。




ユビキタスな新幹線通勤を楽しむ

 私は群馬から東京まで毎日2時間近くかけて新幹線通勤をしています。新幹線通勤をしてからもう10年近くの月日がたちます。最初の1年2年は少々苦痛でしたが、今は快適な新幹線通勤を過ごしています。

 長い間新幹線で通勤していると時代の移り変わりがよく見えます。最初の数年間は新聞や雑誌を読んだりする人がほとんどでしたが、今はパソコン利用する、音楽を携帯やiPodで聴く、DVDプレーヤーやワンセグを見る、携帯サイトでネットを閲覧する等、利用は多岐に渡っています。新幹線N700系が出てきたように、新幹線の中は快適にデジタルも活用できる「座るから過ごす」空間へと位置づけが変化してきているように感じています。

 また、1998年からはじまった人気サイト「新幹線通勤の日々」は今も毎日通勤日記が綴られています。10年近くも続けて新幹線通勤をテーマに書くのはただ感心するばかりです。

 ちなみに私自身は、ノートパソコンやシグマリオンそして携帯電話(定額利用)で、資料(ブログ)作成やネットを利用したりしています。

 ITmediaのブログを書き始めてから作業がひとつ増えました。新幹線の中で新聞や雑誌そして携帯サイト等で情報をインプットしつつ、ブログ経由で情報をアウトプットしています。新幹線通勤の往復2時間という時間が、趣味や仕事そしてブログetcとやることが時とともに増え、プライベートかつユビキタスな環境を楽しめる空間として充実した新幹線通勤を今後も楽しめそうです。
(2007.6.13 IT media)


posted by 長流水 at 01:08| 群馬 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。