2007年05月18日

今週は事故が多いね

 新幹線ではないですが、今週は事故が多いですね。月曜日は京浜東北線が朝と夜ともに事故のアナウンスがあったし、昨日(水曜日)の夜は高崎線で事故、そして 今日の朝はまた京浜東北線で事故。
 事故があって列車ダイヤが乱れると他の路線にも電車待ち合わせや、入線ホームの問題などで影響が伝播していくので、利用者にとっては何とかしてほしい問題です。
(今週の事故はいずれもJRで防げた内容ではないようですが…)

【今日の新幹線】
朝:高崎 7:35 MAXたにがわ
夜:大宮 20:10 たにがわ

 JR東日本のSuicaと東海のTOICA、西日本のICOCAが相互利用できるようになるそうです。
 その結果、山口県から青森県まで切符不要で乗れるようになります。ただ、長距離の往復割引や、新幹線と在来線特急の乗り継ぎ割引などをICカード乗車で利用することは難しいのでしょうね。
 また、PASUMO(首都圏の地下鉄、私鉄のICカード)との相互利用はSuicaだけですので、TOICAやICOCAで東京の地下鉄・私鉄には乗れません。
 あと、ICカード未対応の路線もあるので注意が必要ですね。




JR本州3社、ICカード相互利用へ 新幹線にもサービス拡大

 JR東日本、JR東海、JR西日本の3社は16日、平成20年3月をめどに、各社が発行する鉄道用ICカード乗車券の相互利用を開始すると発表した。また、東日本と東海は新たに新幹線のICカード乗車も始める。最も多機能な東日本のサービスを使うと、青森から大阪まで乗車券を買わずに新幹線を利用できる。各社のサービスには細かな違いがあって分かりにくい面もあるが、利用者にとっては券売機に並ばずに電車に乗れる範囲が格段に広がる。

 JRグループのIC乗車券では、東日本の「スイカ」と西日本の「イコカ」の相互利用がすでに可能となっている。来春から東海の「トイカ」も相互利用に加わる。利用者は3社いずれか1枚のカードがあれば、首都圏、関西圏、東海圏などJR1200駅で電車を利用できるようになる。

 新幹線関連サービスでは、東海の会員向け東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「エクスプレス予約」でも、ICカードサービスを来年3月から始める。エクスプレスICカードを発行し、スイカやイコカなどのIC乗車券と重ねて東海道新幹線の乗り換え改札を通過すれば、在来線の運賃にも対応する。

 一方、東日本は携帯電話を使うモバイルスイカに特急券サービスを同3月から追加する。また、東海のエクスプレス予約に会員登録(入会金1050円)すれば、モバイルスイカの画面から東海道新幹線の予約や乗車もできる。
(2007年5月17日 産経新聞)


posted by 長流水 at 00:02| 群馬 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。