2013年10月12日

連休

 今日から3連休なので午前中に自宅に帰りました。高崎駅の献血ルームで献血をしようと朝早い時間の列車です。
 横浜線は土曜日の朝でしたがあまりすいてはいませんでした。連休で出かける人というより、普通に学校に行く感じの学生が多かったです。
 八王子駅からは大宮駅まで直通のむさしの号に乗りました。何度かこの列車を利用していますが、基本的にはガラガラといっていいほどすいています。
 大宮駅らは高崎線の普通列車です。混むと嫌だったので、先頭の籠原駅までの車両に乗り、籠原駅で後ろの高崎駅までの車両に乗り換えました。そうしてもなんとか座れるくらい乗客は多かったです。
 高崎駅で献血をしてから、両毛線の列車で帰りました。両毛線の列車も乗客が多かった感じです。高崎駅も人が多かったのですが、連休だからだったのかな…。
【横浜線】八王子駅着 7:13
【中央線・武蔵野線】八王子駅発 8:19(むさしの号)
【高崎線】大宮駅 8:28
両毛線高崎駅発 11:26


【ニュースのコメント】
 北海道新幹線の工事で廃止が決まっている、青函トンネルの竜飛海底駅の見学ツアーの人気が高いという記事です。
 あえて書くまでもありませんが、竜飛海底駅は国内でも唯一の海底駅ですが、廃止されるのは残念ですね。
 もっとも、新幹線が開通後も吉岡海底駅とともに避難用の駅として設備はそのまま残るようです。

竜飛海底駅大モテ 11月10日で見学終了

 北海道新幹線工事に伴い、11月10日で見学ツアーが終了する青函トンネル内の竜飛海底駅に、全国から鉄道ファンが詰めかけている。
 同駅へは函館駅と新青森駅から1日1回ずつ出るツアーがあり、定員は各40人。2012年度の見学者は4300人と、ピークだった1989年度の10分の1近くに減っていたが、見学終了の報道が出た今年8月以降、1カ月前から購入できる見学整理券は即日完売状態が続き、最終日分も売り切れた。
 竜飛海底駅は吉岡海底駅とともに青函トンネルに設置された避難施設で、88年のトンネル開業時に見学施設としてオープン。吉岡海底駅は06年に新幹線工事の資材基地となり、一足早く見学を休止した。両駅とも来年3月に正式に廃止される。
(2013年10月12日 北海道新聞)

 列車の中で読んでいるのは鏡貴也の『堕ちた黒い勇者の伝説〈8〉真伝勇伝・革命編』です。
 


posted by 長流水 at 13:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。