2013年06月22日

昼の列車は

 今日は午前中、アパートのそばの病院に寄ってから会社に行ったので、乗った列車は昼過ぎです。雨が降っていたこともあって昼の横浜線はすいていました。
 今日は金曜日なので仕事の後、自宅に帰りました。午前中、休んだので早い時間に帰れるはずもなく、両毛線前橋駅までの最終列車を使いました。
 新横浜駅からの東海道新幹線はのぞみです。自由席は結構混んでいました。品川駅で降りる人も少なくすかなかったです。
 東京駅から高崎駅までは上越新幹線のMaxたにがわの最終です。16両編成の二階建てのMaxでしたが、思ったより開いている席が少なかったです。高崎駅でも降りる人がすごく多かったです。。
 高崎駅からは両毛線前橋駅まで最終列車です。この列車はしていました。
【横浜線】新横浜駅着 13:18
【東海道新幹線】新横浜駅発 22:35(のぞみ)
【上越新幹線】東京駅発 23:00(Maxたにがわ)
両毛線高崎駅発 24:06


【ニュースのコメント】
 真岡鉄道とわたらせ渓谷鉄道のビール列車についての記事です。
 真岡鉄道はSL、わたらせ渓谷鉄道はトロッコ列車と特色の強い企画なので人気が出そうですね。
 詳しくは真岡鉄道(URL http://www.moka-railway.co.jp/)とわたらせ渓谷鉄道(URL http://www.watetsu.com/)のホームページで確認してください。

夜風と生ビールを楽しむ 真岡鉄道・わ鉄イベント列車運行へ

 真夏の夜、列車に揺られて夜風とともにビールを楽しむ“走るビアガーデン”が企画されている。
 真岡鉄道では7月27日、SLで生ビール飲み放題を楽しむ「ビアSL」を運行する。通常は土日祝日の昼間に1往復しているSLで夜間、真岡−茂木駅間を往復。SLの夜行運転は毎年行っているが、“ビアSL”は初めて。SLが牽引する客車3両のうち1両を専用車両とする。
 一方、わたらせ渓谷鉄道では8月10日、新型トロッコ列車で楽しむ「生ビール列車」を運行する。同社も初の企画。桐生駅午後5時27分発。大間々駅で団体専用の「トロッコわっしー号」に乗り換え、間藤駅で折り返し、往復する。
(2013年6月21日 産経新聞)

 列車の中で読んでいるのは藤井邦夫の『裏切り〈柳橋の弥平次捕物噺〉』です。
 


posted by 長流水 at 02:19| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。