2013年02月09日

連休前で混んでた

 今日の朝も昨日と同じ列車に乗りました。古淵駅くらいからはすごい混みようで身動きできないほどでした。長津田駅で降りる日tが多いのでその先は楽なのですが…。
 金曜日なので仕事の後、自宅に帰りました。中山駅からなので、一度、新横浜駅まででないといけないのでちょっと面倒ですね。
 東海道新幹線はのぞみでした。3連休の前日の金曜日で自由席の少ないのぞみだったためか混んでいました。
 東京駅からは長野新幹線のあさまです。こちらも連休前の最終の長野新幹線なので混んでました。大宮駅からは完全に満席だったと思います。デッキに酔って詳しく書けないほどひどい乗客がいましたが、ああいうのはやめてほしいなぁ…。車掌に「大丈夫、大丈夫…」と言っていたけど、全然、大丈夫には見えなかったぞ。
 高崎駅から両毛線も最終列車です。ローカル線なので連休など関係なくいつものようにすいていました。先頭車両の前面に雪がついていましたが、雪が降っているところもあったのかなぁ…。
【横浜線】中山駅着 8:01
【横浜線】中山駅発 21:22
【東海道新幹線】新横浜駅発 21:35(のぞみ)
【長野新幹線】東京駅発 22:04(あさま)
両毛線高崎駅発 23:14


【ニュースのコメント】
 東海道新幹線の新しい車両N700Aのデビューについての記事です。
 これで700形、N700系と合わせて3種類の車両が走っているわけなのですが、そっくりなのでちょっと見ただけでは区別できませんね。
 この記事に気になったのは東海道新幹線の橋とトンネルの数の多さですね。これだけの数の橋とトンネルの改修工事は経営に与える影響も大きそうです。

東海道新幹線N700A 営業運転へ

 東海道新幹線で6年ぶりとなる新型車両「N700A」が、営業運転を始めます。
 N700Aは、JR東海が従来の「N700系」に改良を加え、東海道新幹線に6年ぶりに投入する新型車両です。
 見た目はN700系とほぼ同じで、東京・新大阪間の最高速度も時速270キロと変わりませんが、地震のときに、より短い距離で停止できるようブレーキの利きを高め、安全性を向上させました。
 一方で、東海道新幹線は、来年、開業から50年となり、橋やトンネルの老朽化が懸念されています。
 定期的に補修を行っているため問題はないということですが、JR東海は、東京・新大阪間に設置されている233の橋と66のトンネルのすべてを対象に、この春から大規模な改修工事を行うことにしています。
(2013年2月8日 NHK)


posted by 長流水 at 01:49| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。