2012年11月25日

いつの間にか

 今日は買い物をしたかったので夕方にアパートに戻りました。
 日曜日なので前橋駅始発の快速アーバンを利用して、埼京線、武蔵野線と乗り継ぎの多いルートです。
 前橋駅まで乗った両毛線はすでに夕方といった感じだったためか、帰宅しようといった感じの人で混んでいました。
 前橋駅からの快速アーバンは前橋駅を出たときはすいていましたが、高崎駅を出るころにはあいている席は少なかったです。この列車は以前は211系の車両でしたが、今日はE231系でした。いつ間にか変わったようです。本庄駅で路線に入った人がいて、安全確認を行ったので少し遅れました。本庄駅付近では昨日も事故があったためか、何人もの駅員がホームを走っていました。
 大宮駅からの埼京線も始発なのですが、混んでいてなんとか座れたといった感じでした。何度かこの列車に乗っていますが一番混んでいたと思います。
 武蔵浦和駅からの武蔵野線と西国分寺駅からの中央線はあまり混んでいなかったので普通に座れました。西国分寺駅では予定していた列車より一本前に乗れました。
 八王子駅からの横浜線は始発でしたが混んでいたので座れませんた。ちょうど帰宅の時間といった感じだったからですね。
両毛線前橋駅着 16:03
【高崎線】前橋駅発 16:12(快速アーバン、約3分遅れ)
【埼京線】大宮駅発 17:48
【武蔵野線】武蔵浦和駅発 18:04
【中央線】西国分寺駅発 18:32
【横浜線】八王寺駅発 18:53


【ニュースのコメント】
 JR東が「新幹線運行本部総合指令室」を東京駅付近からさいたま市に移転させる計画という記事です。
 さいたま市というのは大宮駅の付近ということでしょうね。地震災害に強いという意味もありますが、最悪は大宮駅発着で新幹線を運行させることを考えているのではないでしょうか。
 何の備えもないのは不安ですが、この対策が杞憂に終わり、役に立つ日が来ないといいですね。

新幹線の総合指令室、さいたま市に移転へ

 JR東日本は、新幹線の運行を管理する「新幹線運行本部総合指令室」を、2年後をめどに現在のJR東京駅付近からさいたま市に移転させる。
 同指令室は、JR東が運行する東北、上越、長野、秋田、山形の各新幹線ですべての列車を監視し、円滑な運行のため指示を出す「頭脳基地」だ。地震などで被害を受ければ、新幹線の運休が長期化するなどの影響が出かねないため、より安全性が高い場所に移す必要があると判断した。
(2012年11月25日 読売新聞)


posted by 長流水 at 20:41| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。