2012年07月29日

終電

 今日も土曜日でしたが仕事が忙しいので仕事です。
 土曜日なのでいつもより遅く9時半くらいまでに会社に着けばいいので少し遅い時間の列車です。土曜日なのですいていて、古淵駅から座れました。すいていたのに列車内は暑かったです。冷房の設定が弱くなっているのでしょうか…。
 土曜日でしたが仕事の後、自宅に帰りました。今日は両毛線の最終には全然乗れる時間ではなく高崎線の高崎駅までの最終です。
 東海道新幹線はこだまでした。いつも空いていますが、土曜日の夜なのでさらにすいていました。久しぶりに乗った山手線はこれまでで一番好いていたという感じでした。
 上野駅から高崎線は熊谷駅くらいまでは乗客が多かった感じでした、高崎駅に着くころにはガラガラという感じですいていました。それでも高崎駅で降りた人が多く精算機が混んでいました。この列車に乗ったのは20年ぶりくらいでしょうか…。最後に乗ったのは何年前だったかなぁ…。
【横浜線】新横浜駅着 9:02
【東海道新幹線】新横浜駅発 22:59(こだま)
【山手線】東京駅発 23:24
【高崎線】上野駅発 23:46


【ニュースのコメント】
 信楽高原鉄道のラッピング列車についての記事です。
 信楽高原鉄道は経営難で運行とインフラ部分が別になる、上下分離されるので、このラッピング列車は再生への足がかりになるといいですね。
 “オール甲賀市”ということですが、甲賀と意識して忍者を前面に押すと、伊賀鉄道とバッティングしそうですよね。

信楽鉄道、開業25周年記念し新デザイン

 信楽高原鉄道の開業25周年を記念して、新しいラッピング列車2両が走り始める。信楽町の代名詞「タヌキ」だけでなく、「忍者」や「宿場」も盛り込んだ“オール甲賀市”のデザイン。来春、信楽高原鉄道は運行だけに特化する上下分離を計画しており、市挙げての支援で再建を軌道に乗せたい考えだ。
 列車の窓が宿場の窓のため、宿場の中に人がにぎわう風景に重ねた。ドアの開閉で忍者が隠れたり現れたりする心憎い工夫もあり、人気を呼びそうだ。
 再生への思いが託された車両は間もなく走り始める。
(2012年7月28日 中日新聞)


posted by 長流水 at 03:08| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。