2012年06月16日

本をゆっくり

 今日の朝は新横浜駅に8時半に着く列車に乗りました。いつも混んでいる列車ですが今日は一段とひどかったです。でも、運よく町田駅から座れたので、その先は本をゆっくり読めました。
 金曜日なので仕事の後、自宅に帰りました。今日も仕事が忙しく両毛線前橋駅までの最終です。
 東海道新幹線は今日もこだまだったので、自由席が多くすいていました。一本前ののぞみが出発するところを見ましたが、自由席は混んでいたようでした。
 東京駅からの上越新幹線は16両編成のMaxたにがわなので、これもすいているのはいつものことですね。
 高崎駅からの両毛線前橋駅までの最終列車なのでこれもすいていました。
 前橋駅のロータリーをパトカーが流していましたが、そろそろバカの出る季節だからかなぁ…。
【横浜線】新横浜駅着 8:31
【東海道新幹線】新横浜駅発 22:29(こだま)
【上越新幹線】東京駅発 23:00(Maxたにがわ)
両毛線高崎駅発 24:06


【ニュースのコメント】
 西鉄が節電対策として間引き運転ではなく、編成を短くすることで対応するという記事です。
 JR九州が間引き運転を検討中という記事が先日ありましたが、他の鉄道会社の節電対策も予想通り出てきましたね。
 編成が短くなることで列車内が混むことが予想されますが、間引き運転よりは影響が少なくいい案ですね。ただ、九州の節電目標は15%だったと思うので目標値には達していませんね。

西鉄、短編成で節電 天神大牟田線、間引き運転せず

 西日本鉄道は今夏の節電対策として、天神大牟田線で1日運行本数の25%に当たる152本について、1編成の車両数を1両減らす短編成で運行すると発表した。対象期間は7月2日〜9月7日の平日で、列車本数そのものを減らす間引き運転はしない。輸送力としては5%減となるが、電力では7%の節電効果があるという。
 短編成は電力需要が高まる正午〜午後3時の間に最も多く実施し、半数程度を1車両減の3〜5両編成で運行する。朝夕ラッシュ時も一部車両が短編成となる。
 このほか、節電対策として列車・駅照明の消灯や、ホームでの通過・離合待ち列車の冷気を逃さないよう、開閉する扉の数を減らすなどの対策も取る。
(2012年6月15日 産経新聞)


posted by 長流水 at 01:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。