2012年01月21日

雪のせいではなくて

 今日の朝も新横浜駅に9時に着く列車に乗ろうとアパートを出たのですが、駅に着くと列車が遅れていて一本前の列車に乗れました。雪のせいで遅れていたのではなく混雑が理由のようで非常に混んでいました。途中、途中の駅で乗ってくる人が多くさらに混雑し、さらに遅れていました。混んでいて疲れました。
 仕事の後、自宅まで帰りました。今日も当然のように早く帰ることはできず、新幹線をフルに使って前橋駅までの最終の両毛線の列車に乗れる時間に会社を出るような状況でした。
 利用した新幹線は先週と同じ東海道新幹線はのぞみで、上越新幹線はMaxたにがわです。どちらの新幹線もすいていました。理由は不明ですが東海道新幹線が遅れていて、それに連動して上越新幹線も遅れていました。それにしても、終点の東京駅と高崎駅で降りた人がたくさんいて新幹線の定員が多いのを改めて感じます。
 高崎駅からの両毛線は高崎線で事故があったらしく予定していた列車より一本早い列車に乗れましたが遅れていたので、前橋駅に着いた時間は予定より少し遅いくらいでした。
【横浜線】新横浜駅着 8:50(約17分遅れ)
【東海道新幹線】新横浜駅発 22:25(のぞみ、約7分遅れ)
【上越新幹線】東京駅発 23:00(Maxたにがわ、約4分遅れ)
両毛線高崎駅発 23:47(約20分遅れ)


【ニュースのコメント】
 上信電鉄で「銀河鉄道999」のラッピング列車の運行を実現させた人たちが中心になって、富岡市で「零士ワールドサミット」が7月に開かれるという記事です。
 松本零士さんというと著作権の考え方に独自の理論を持っていて、訴訟などいろいろと行っていますが、こういった活動には非常に協力的ですよね。
 「零士ワールドサミット」の詳細ですが、上信電鉄のホームページ(URL http://www.joshin-dentetsu.co.jp/)にはまだ情報がないので、松本零士さん関連の情報を扱っている「松本零士 Encyclopedia」(URL http://www.leiji.jp/)や「Galaxy Railway Group」(URL http://galaxyrailway.com/)などで探してください。

ゆかりの各地が集結 富岡で「松本零士サミット」

 名作アニメ「銀河鉄道999」などで知られる漫画家、松本零士さんの作品で町おこしに取り組む全国の団体が一堂に会する初の「零士ワールドサミット」が7月15日から2日間、富岡市で開催される。松本さんを招き、企画展やコスプレ大会などを予定し、各地からアニメファンたちも集結しそうだ。
 市内を通る上信電鉄は、車両に銀河鉄道999のキャラクターを張り付けた電車を運行。サミットはこの電車の運行を実現させた地元住民たちを中心にした実行委員会が企画している。
 十五日は松本さんが訪れ、サイン会も予定。同日のサミットでは、各団体が活動報告する。同日から八月末まで、市美術博物館で松本さんの原画や関連する模型などを展示する企画展を開く。
(2012年1月20日 東京新聞)


posted by 長流水 at 01:51| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。