2011年12月18日

どの列車も

 今日(今週末)は午後にアパートに戻りました。昼間は夜のように両毛線と八高線の乗り継ぎがよくないので、大宮駅−八王子駅経由です。
 昼間の両毛線に乗ったのは久しぶりですが年末なためか乗客は多かったです。高崎線は高崎駅の乗り継ぎ時間が短かったのですが、同じように高崎線に乗り継ぐ上越線(?)に遅れがあったようで余裕で間に合いました。また、混んでいて座れないかと思いましたが、それほどでもなく座れました。
 大宮駅から埼京線、南浦和駅から武蔵野線、西国分寺駅から中央線、八王子駅から横浜線で、さらに橋本駅でも乗り継ぎましたが、どの列車も乗客は多かったです。年末ですからね…。横浜戦は理由は不明ですが遅れていたので考えていたより早い列車に乗れました。
両毛線高崎駅着 13:55
【高崎線】高崎駅発 13:57(約4分遅れ)
【埼京線】大宮駅発 15:18
【武蔵野線】武蔵浦和駅発 16:32
【中央線】西国分寺駅発16:04(快速)
【横浜線】八王子駅発 16:20(約2分遅れ)


【ニュースのコメント】
 来年3月のJRのダイヤ改正についての記事です。
 ダイヤ改正が行われるごとにそうであるように、今回も新幹線が増え、寝台列車が廃止になるということです。
 寝台特急『日本海』は大阪と青森も日本海側で結ぶ、東日本と西日本を東京を通過しないで結ぶ、珍しい列車だったのですが残念ですね。また、引退までは切符の確保は大変なんでしょうね。

寝台特急「日本海」廃止、E5系2倍に

 JR6社は、来年3月17日に実施するダイヤ改正を発表した。
 昨年12月に新青森駅まで全線開業した東北新幹線では、最新型車両「E5系」の東京発着の運転本数を現在の2倍にする。一方、青森と大阪を結ぶ寝台特急「日本海」は廃止が決まった。
 東北新幹線のE5系は今年3月に登場し、現在は「はやぶさ」「はやて」などとして、東京を起点に、7往復走っている。車両の増産に伴い、ダイヤ改正後は「はやて」のほか、各駅停車の「なすの」にも投入し、14往復体制となる。
 青森―大阪間を1日1往復、片道約15時間かけて結んでいる「日本海」は、ダイヤ改正後は臨時運行のみとなる。JR東日本によると、昨年の乗車率は、10年前と比べて4割程度に落ち込んだという。
(2011年12月18日 読売新聞)


posted by 長流水 at 18:04| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。