2011年11月07日

駆け込み

 今日はいつもより一本早い列車に乗りました。月曜日だったからか非常に混んでいました。混んでいたのと晴れていたためか列車の中は少し暑いくらいでした。
 帰りは22時台の列車です。会社を出た時間が遅かったので間に合わないかと思ったのですが何とか間に合いました。すいていて、十日市場駅から(だったかな)座れました。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  8:23
復:新横浜駅発 22:22


【ニュースのコメント】
 一般の人が利用する鉄道ではないのであまり影響はありませんでしたが、貨物輸送専門の「岩手開発鉄道」震災から約8か月で運転を再開したという記事です。
 旅客でないため影響が少ないのは確かですが、運搬しているものがセメントの材料で使用する石灰石なので、震災の復旧という意味では影響は小さくなかったのかな…。
 ほかにもこういった鉄道があるのかなぁ…。貨物はあまり興味がないのでよくわからないのですが…。

岩手開発鉄道、8か月ぶり運転再開

 東日本大震災の津波で被害を受け運休していた岩手県大船渡市の貨物輸送専門の「岩手開発鉄道」が、8か月ぶりに運転を再開しました。
 運転を再開したのは、大船渡市の採石場から太平洋セメント大船渡工場に石灰石を運ぶ岩手開発鉄道です。
 岩手開発鉄道の総延長はおよそ11キロ。震災当日は運休日で車両は大きな被害を免れたものの、沿線2キロで地盤が沈下して砂利が流出。社員総出で復旧作業にあたっていました。
 岩手開発鉄道では、当面は震災前より少ない一日7往復の予定ですが、今後、セメント工場の本格操業にあわせ運行本数を増やす予定です。
(2011年11月7日 MBSニュース)


ラベル:横浜線 貨物
posted by 長流水 at 23:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。