2011年10月22日

時間が早いと

 今日はいつもより20分ほど早い列車に乗りました。乗った時はあまり混んでいなかったので「時間が早いと違うな」と思っていたのですが、途中からはいつもと同じくらい混んでいました。この時間帯はどれもこんな感じなのでしょうね。
 今週は逃げるように会社を抜けて、両毛線の最終列車に間に合う時間に帰りました。
 東海道新幹線は『のぞみ』だったので自由席も乗客は多かったのですが座れないほどではありませんでした。
 長野新幹線は週末の最終だったので混んでいましたが、東京駅を出るときは立っている人はいませんでした。が、上野駅で乗ってきた人はほとんど座れなかったでしょう…。
 両毛線は雨が降っていた影響なのかすいていました。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  8:08
【東海道新幹線】新横浜駅発 21:25(のぞみ)
【長野新幹線】東京駅発 22:04(あさま)
両毛線高崎駅発 23:14


【ニュースのコメント】
 300系新幹線が来年の春に引退するという記事です。0系はすでに引退し、100系、500系も脇に追いやられたような状態での運行状況でいつ引退の話が出てもおかしくないような状態ですが、このまま700系とその流れをくむN700系、N700Aになってしまうのでしょうね。
 そこで気になるのは、0系や100系と同じような丸い顔のJR東の200系ですね。200系にのるとだいぶ古くなってきていると感じるのですが、まだ、使い続けるのかなぁ…。

新幹線“元祖のぞみ”300系、来春引退へ

 JR東海は、東海道・山陽新幹線で活躍している300系の運用を2012年春で終了させることを発表。
 300系は1992年デビュー。「こだま」「ひかり」に続く、東海道・山陽新幹線の速達列車として新設された「のぞみ」に主に充当された。当時0系・100系の東海道新幹線内最高速度だった220km/hを、270km/hに引き上げ、東京?新大阪間を従来より19分短縮の2時間30分で結んだ。
 JR東海は今後もN7000系や進化版N700Aを投入し、さらにJR東海からJR西日本へ700系9編成を譲渡するなどで、来春までに両社の300系すべてが置き換わる。
 そして、山陽新幹線の国鉄形100系や、JR東日本の東北・上越新幹線で活躍する0系スタイルの200系の去就も気になるところ。
(2011年10月21日 レスポンス)


posted by 長流水 at 00:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。