2011年10月08日

SLと献血

 3連休の初日の午前中に、高崎駅の献血ルームHarmonyで献血をしてから帰りました。
 献血ルームが10時にオープンなのでそれに合わせて列車をネットで探したら、また、八高線でした。ただ、今回は拝島駅で乗り換えるというちょっと変則の乗り継ぎです。
 休日の早朝の横浜線はすいているのかと思いましたが、大きなリュックを背負いトレッキングシューズを履いた人がたくさんいました。そろそろ紅葉ですからね。リュックの大きさと服装から考えると、行先は高尾山ではなく山梨県か長野県の山かな…。
 八高線は拝島駅までと高麗川駅までの列車はは立っている人もいるくらいでしたが、高麗川駅から高崎駅まではすいていました。列車から見える景色は気がつくと田んぼはどこも稲刈りが終わっていました。
 高崎駅はちょうどSL(D51)が入線していたのでホームに人がすごかったです。ケータイで写真を撮りましたが隣の人の手が写ってしまいました。orz
 SLみなかみ号 高崎駅のホームに停車しているSLみなかみ号
 高崎駅で献血をしてから両毛線に乗りました。両毛線は遅れていた高崎線から乗り継ぎの人が多く昼時にしては混んでいました。
 ちなみに献血ルームもけっこう人がいました。急に涼しくなったのですがまだ血液不足の心配は平気かな…。
【横浜線】八王子駅着 7:23
【八高線】八王子駅発 7:34
【八高線】拝島駅発 7:51
【八高線】高麗川駅発 8:18
両毛線高崎駅発 12:06(約10分遅れ)


【ニュースのコメント】
 静岡県島田市で大井川鉄道を中心に開催されている「SLフェスタ」についての記事です。
 鉄道の日が10月14日なので多くの鉄道イベントは来週末に予定されていますが、この「SLフェスタ」は3連休に加えて島田市が休暇取得・分散化促進実証事業で金曜日を休みにして4日間開催されているので入場者が集中しなくていいのかもしれませんね。もっとも、大井川鉄道は新しい転車台ができて訪れる人が多そうなので4日開催にしないと人が多すぎて大変なのかな…。
 「SLフェスタ」の詳細は大井川鉄道のホームページ(URL http://www.oigawa-railway.co.jp/)を参照してください。

SLフェスタ、みんなでGO 静岡・島田などで開幕

 蒸気機関車(SL)に関する様々なイベントが行われる「SLフェスタ」が、静岡県島田市と川根本町で始まった。この日は、大井川鉄道の新金谷駅に完成した転車台のオープニングセレモニーや、SLの親子無料乗車体験などがあった。フェスタは10日まで。
 午前9時からのセレモニーでは、同市の小学生らがSLの載った転車台を手で押して回し、同57分発の「親子ふれあい号」の先頭を進行方向に向けた。
 同市は、観光庁が昨年度から始めた休暇取得・分散化促進実証事業に今年も参加し、メーンイベントとしてSLフェスタを開催。
(2011年10月7日 朝日新聞)

 高崎駅の献血ルームHarmonyに初めて行きましたが、もう二度と行くことはないでしょう。
 ロビーにあんなに座っていて疲れるイスがおいてある献血ルームは初めてです。あんなイスを用意して「ゆっくりロビーでお休みください」というやつはバカですね。私にはあのイスを並べているのは『早く帰れ』というメッセージと受け取りました。以前の献血ルーム(高崎熱血倶楽部って言ったかな)のときもひどかったけど、新しくなってもあの遺伝子は受け継がれているようです。


posted by 長流水 at 13:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。