2011年10月01日

群馬は涼しい

 今日もいつもと同じ8時半に新横浜駅に着く列車に乗りました。半袖のシャツを自宅に持っていくために荷物が多くちょっと大変でした。今日も鴨居駅で目の前の席が空いたので座りました。
 金曜日なので夜に群馬の自宅まで帰りました。今日は会社を出た時間が遅かったので東海道新幹線と最終の長野新幹線を使って、両毛線の最終です。
 東海道新幹線は『こだま』だったので非常にすいていました。ホームに上ったときに停まっていた一本前の『のぞみ』とは全然違いますね。(『のぞみ』も混んでいるというほどではありませんでしたが…。)
 長野新幹線は週末の最終なので混んでいて東京駅を出る前からすでに立っている人もいました。でも、高崎駅で降りた人が多かったので、混んでいたのは高崎駅までかな…。
 高崎線が遅れていて先発の前橋駅行きにも間に合ったためか、両毛線の終電はいつもよりすいていた感じです。
 新横浜駅、東京駅では半袖でも暑いくらいでしたが、高崎駅に着いたときは少し涼しかったです。時間的なものもありますが群馬の方が気温が低いようですね。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  8:31
【東海道新幹線】新横浜駅発 21:28(こだま)
【長野新幹線】東京駅発 23:04(あさま)
両毛線高崎駅発 23:14(約3分遅れ)


【ニュースのコメント】
 岡山市の路面電車の岡山電気軌道で新しい車両「MOMO2」がデビューするという記事です。
 デビューとなるのは鉄道の日に合わせて行われるイベント「鉄道の日フェア」ですね。こういったイベントは人気なので多くの人が集まるのでしょう。
 MOMO2の情報はありませんでしたが、イベントの情報は岡山電気軌道のホームページ(URL http://www.okayama-kido.co.jp/tramway/)で確認してください。

岡山の路面電車に新型登場 「MOMO2」10月発車

 2代目MOMOがやってくる――。岡山電気軌道は、段差がない超低床路面電車(LRT)「MOMO」の新型車両を10月15日から運行すると発表した。名前は「MOMO2」。室内デザインも一新。2台のMOMOがほぼ毎日、岡山の街をトコトコ行く。
 MOMO2も初代と同じ2両編成で車体の大きさや色は同じだが、ヘッドライトが大きくなった。木製の床やいすを備え、1両は濃い茶色で高級感を感じさせ、もう1両は白を基調にした明るい空間に仕上げた。
 初代は2002年7月から運行。斬新なデザインが話題を呼び、全国の鉄道ファンらが優れた車両を選ぶローレル賞にも選ばれた。夏にはビアガー電、秋にはワイン電車にもなり、MOMO2も同じように活用するという。
(2011年9月30日 朝日新聞)


posted by 長流水 at 01:08| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。