2011年09月22日

全力運転

 今日の朝もいつもの8時半に新横浜駅に着く列車に乗りました。昨日の台風のせいなのか路線内に落下物があったらしく、その除去の影響で少し遅れました。台風一過で晴れたため列車内は暑いくらいで、空調も全力運転していました。
 帰りは昨日より1時間ほど遅い22時台の列車に乗りました。新横浜駅で乗った時は混んでいましたが、途中から座れました。連休前のためか寄っている人も多かったです。
 明日から3連休ですが、新横浜で用事があるので自宅に帰るのは明日の夜になりそうです。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  8:31(約6分遅れ)
復:新横浜駅発 22:38


【ニュースのコメント】
 秋田内陸縦貫鉄道が行っている社長の公募についての記事です。
 こういった鉄道会社の社長公募というと、いすみ鉄道、由利高原鉄道、山形鉄道などでも行われて、新しい社長のもとさまざまな改革が行われていますが、秋田内陸縦貫鉄道の内部からの昇格ではなく外部から公募をするというのは、それだけ厳しい経営環境があるということなのでしょうね。
 興味があって応募を考えている人は秋田内陸縦貫鉄道のホームページ(URL http://www.akita-nairiku.com/)で詳細を確認してください。

秋田内陸縦貫鉄道、社長を募集

 経営難に苦しむ第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道が社長を公募している。鉄道事業の経験は問わず、課題の小論文には路線存続に向けたアイデアを盛り込んでもらう。2回の選考を経て、10月末には新社長が内定する見通しだ。
 同社によると、若杉社長が8月の取締役会で退任の意向を表明したため、後任を初めて公募することにした。担当者は「365日、内陸線のことを考えてもらえるような、強い意欲と信念を持つ人材を求めている」と話す。報酬は年700万円で、就任は12月を予定する。
 旧国鉄の赤字路線を引き継いだ同社は、角館と鷹巣を結ぶ29駅、全長94.2キロの路線を運行。沿線は高齢化で人口減が続き、運賃収入増を見込むのが難しいほか、近年は燃料費の高騰なども逆風となっている。
(2011年9月22日 朝日新聞)

 先日、紹介したリニアモーターカーの試験車両MLX01の最後の走行試験ですが、台風の中、無事に行われたようです。浮上して走行するリニアモーターカーですが、新幹線、在来線が軒並み運転を見合わせるような強風と強雨の中でも時速500kmで走行するというのは凄いですね。


posted by 長流水 at 23:51| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。