2011年07月19日

運よく

 今日の朝は普段より少し遅い列車に乗りました。乗った時はそれほど混んでいませんでしたが、途中からは結構な混雑でした。雨が降ったりやんだりだったのですが濡れた傘を持っている人が少なかったのが救いでしょうか…。
 今日の帰りは20時台最後の列車です。混んでいたわけではありませんが、座ることはできず席が空いたのは降りる隣の駅という状況でした。でも、雨に降られず傘を使わずに済んだのだから運は良かったのかな…。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  8:20(約3分遅れ)
復:新横浜駅発 20:54


【ニュースのコメント】
 上毛電鉄で使用されている700型の車両についての記事です。
 記事にもあるようにこの車両は以前は京王電鉄の3000系を改造したものです。大きな改造としては無人駅の多い上毛電鉄の特徴である運転手のみのワンマン運転用に車両の中に運賃箱が設置されていることでしょうか。
 群馬県ではデスティネーションキャンペーンが行われているので、夏休みを利用して上毛電鉄に乗ってみたいという人も多いと思いますが、上毛電鉄の車両はワンマン運転なので無人駅では先頭車両のドアしか開きませんので注意してください。

上電に都会の薫り「ステンプラカー」

 群馬県の中央前橋西桐生を結ぶ上毛電鉄でも懐かしい顔が快走している。上電の700型、以前は京王井の頭線にいた3000系である。ステンレス車両は通常、加工の難しさから切妻型の顔になって味も素っ気もない。ところが前面にFRPを用い、サーモンピンクやブルーグリーンなど7色の変化を持たせたことで華やかさが出た。通称「ステンプラカー」(ステンレス+プラスチックの意)はオシャレな沿線の雰囲気ともマッチし、都会の薫り漂う車両として愛された。
 新天地となった上電では2両ずつ8編成16両のステンプラカーが活躍中。すべての編成が異なる色のため、井の頭線時代よりも一色増えた。このあたりの遊び心がうれしい。
(2011年7月19日 ZAKZAK)


ラベル:京王 上電 横浜線
posted by 長流水 at 23:14| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。