2011年06月30日

雷雨

 今日も昨日と同じ8時過ぎに新横浜駅に着く列車に乗りました。昨日は最後尾の車両に乗りましたが、今日は降りた時のことを考えて4両目に乗ってみました。どこも座れないしあまり変わらないですね。
 帰りは20時過ぎの昨日より遅い列車で帰りました。昼過ぎに雨(雷雨)が降ったので気温が下がっていたので車内も暑くなかったです。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  8:11
復:新横浜駅発 20:54


【ニュースのコメント】
 明日から始まる電力の大口需要者に対する15%の節電義務付けの対策で東海道新幹線が一部区間で車内の設定温度を1度上げるということです。
 この記事を読んで通勤列車が暑くなると思った方ご安心ください。JR東は明日から乗客の健康を考慮し、これまで高めにしてあった温度設定を例年通りにする(下げる)そうです。
 また、他の鉄道各線も例年通りというところが多いようです。明日から朝の列車も過ごしやすくなるかな…。

新幹線車内27度に JR東海

 JR東海の山田社長は東京都内で会見し、夏の節電対策として7月から東海道新幹線の一部区間で車内のエアコン温度設定を1度上げ、27度で運行することを明らかにした。
 のぞみとひかりが対象で、下りは岐阜羽島−新大阪、上りは三島−東京で設定温度を上げる。同社は東海地方の在来線や新幹線の米原、京都で駅構内の照明を削減するなど節電対策を進めている。
 また、山田社長は中国の政府系鉄道車両メーカーが、日本やドイツの技術を活用した中国版新幹線の技術特許を米国で申請する方針を打ち出していることに対し「新幹線技術は国内のメーカーと国鉄の技術陣の長い期間にわたる汗と涙の結晶だ」と述べ、独自技術を主張する中国側の対応に苦言を呈した。
(2011年6月30日 産経新聞)

 中国が高速鉄道技術の特許申請をアメリカなど5か国(地域)で進めていることについては、中国に技術を供与した川崎重工業の対応が求められますね。もともと、中国への技術の供与にはこういった心配が指摘されていたのにあえて川重は供与を行ったのですから、きちんとした対策を行わないと日本での居場所を得るのが難しくなるでしょうね。


posted by 長流水 at 23:24| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。