2011年03月14日

停電運休

 昨夜、東京電力が停電するということで覚悟はしていましたが今日は鉄道は全然ダメでしたね。一日自宅待機でした。
 明日は今日とは各グループに割り当てられた停電の時間帯が今日とは違うので注意が必要ですね。
参考までに、
 ・第3グループ: 6:20〜10:00
 ・第4グループ: 9:20〜13:00
 ・第5グループ:12:20〜16:00
 ・第1グループ:15:20〜19:00
 ・第2グループ:18:20〜22:00
の予定です。
 詳しくは東京電力のホームページ(URL http://www.tepco.co.jp/)で確認してください。東京電力のホームページは昨夜よりはつながりやすかったです。

 JRは列車自体は自前の電力で動いているのですが、踏切が東京電力を使っているので運転できないようですね。運転させると踏切ごとに安全確認をしながらという状態になってしまうと思います。

 また、横浜線もそうですが多くの路線が複数の自治体を通過しているため、この時間帯はこのエリアは停電で徐行して、別の時間帯はあのエリアが停電で徐行というふうに複雑な対応を取らないといけないので、JRとしては安全の確保が難しいという判断をしたのだと思いますが、JRの発表もちょっと言葉が足りないので不信感が増している原因になっていると思います。もう少し発表する情報量を増やすべきではないのかなぁ…。

 さて、明日はどうなるのでしょうか…。


【ニュースのコメント】
 明日は鉄道を運休させないようにできないかという検討を政府が始めたということです。
 昨日は東京電力の意見をうのみにして安易に計画停電を承諾した感じでしたが、あまりの影響の大きさにあわてて修正といったところでしょうか。
 ただ、上にも書いたように通過する場所によって停電の予定されている時間が異なるため、どの踏切がどの時間に正常に動作しているのかをJRも東京電力も把握できているとは思えないので、安全確保は大変そうですね。

政府、鉄道の全面運休回避を検討
 14日初めて実施された「計画停電」で関東各地の鉄道各線が全面運休に追い込まれたことについて、政府は、15日以降は「全面運休を回避する方向」で「計画停電」を実施できないか検討していることを明らかにしました。
 「鉄道を運行しながら対応できないか調整・努力したい」枝野官房長官はこのように述べ、「計画停電」を行う関東一円で、15日以降は鉄道をできるだけ「運休させない方向」で、調整を進めている事を明らかにしました。
 ただ、15日の関東地方は冷え込みが予想され、14日よりも電力需要が押し上げられる可能性もあり、枝野官房長官は、国民により一層の節電に協力するよう呼びかけています。
(2011年3月14日 TBS)


posted by 長流水 at 23:18| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。