2011年03月04日

今日は帰宅

 今日は昨日より2本遅い列車の先頭車両に乗りました。空いているほどではありませんでしたが空いている席を見つけて座ることはできました。今日の私の運は良かったようです。
 帰りは横浜から群馬へ帰宅です。いつものように新横浜駅から菊名駅、渋谷駅、大宮駅から新幹線で、高崎駅からの両毛線です。新幹線は週末(金曜)だけ運行しているMAXときで座れたのでよかったのですが高崎駅の乗り継ぎがいまいちでしたね。
【今日の横浜線】
往:新横浜駅着  9:43
復:新横浜駅発 19:22

【新幹線】高崎駅発 21:12(Maxとき)
両毛線高崎駅着 21:42


【ニュースのコメント】
 イギリスの高速鉄道の車両を日立が受注したというニュースを中国から見た記事です。(こういった記事を見られるのがインターネットのいいところですね。)
 イギリスの高速鉄道事業の受注については世界中のあちこちで「日本だ」「中国だ」「ドイツだ」といったうわさが流れていましたが、結局はこれまでの流れと同じように日本でした。
 で、記事にある事業規模が縮小されたことについてのコメントはイソップ物語の『狐と葡萄』(狐が手の届かないところに実っている葡萄はすっぱいに違いないという負け惜しみの話)らしくて笑えますね。

英高速鉄道計画に中国の技術は採用されず
 中国メディアは、中国の技術が採用されることがほぼ確実と見られていた英高速鉄道の車両製造事業について、日立製作所を中心としたグループが受注する見通しになったと報じた。
 1カ月ほど前に中国の李副首相が訪英した際、「英国は中国の高速鉄道技術を採用する意向がある」との情報が盛んに伝えられた。一部中国メディアは「英国はドイツやフランスを蹴って、中国への発注を決定した」とまで報じていた。だが、英当局に事実確認を行ったところ、「中国に決定したとは一言も言っていない」と否定。
 こうした結果について、記事は「最後に笑ったのは日立だったが、事業規模は当初計画されていた75億ポンド(約1兆円)から45億ポンド(約6000億円)へと大幅に縮小された」と冷ややかに指摘。
(2011年3月4日 レコードチャイナ)

 ただ、現実には日立の株価は受注報道があってから値を下げたので、本当にすっぱかったのかもしれません。


posted by 長流水 at 22:37| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。