2010年09月29日

緊急地震速報

 今日もいつもの列車に乗りました。前橋駅で運よく座れましたがスクリーンを下ろしても背中に当たる日差しが暑いくらいでした。
 今日の帰りも20時台の列車です。時間通りだったためか昨日より空いていました。
 17時ころあちこちでケータイがビービーなり、何かと思ったら緊急地震速報でしたね。でも、揺れを感じなかったのですが…。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 20:32


【ニュースのコメント】
 中国の高速鉄道(新幹線)が営業車両としては世界最高速の時速416kmを記録したという記事です。
 この高速列車CRH380Aというのは日本の新幹線ではなく、シーメンス社(ドイツ)の高速列車ICE3がベースになった車両ですね。
 ICE3はドイツでも営業速度は時速300kmなので、高速化のための改造(改良)を多く行ったのでしょうね。
 ただ、わずか160kmの距離をこれほどの速度で結ぶ必要があるかは疑問ですね。もっとも、これ以上離れた場所には飛行機か…。


中国鉄道が時速416キロ

 新華社電によると、上海と浙江省杭州を結ぶ新設の高速鉄道の試験走行で、国産高速列車「和諧号」(CRH380A)が時速416.6キロを記録した。2008年6月に北京―天津間で達成した中国最高速度394.3キロを更新し、同電は「中国の高速鉄道は世界の先頭に立った」と誇示した。
 同高速鉄道は10月にも営業運転を開始する見通し。上海と杭州の約160キロを40分で結ぶ。営業運転での最高速度は時速350キロを予定しているという。
 浙江省の省都の杭州は同省最大の経済都市で、日本企業も多数進出している。中国の最大経済都市、上海と高速鉄道で結ばれることで、経済開発が一段と進む可能性がある。
(2010年9月28日 共同通信)


posted by 長流水 at 21:32| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。