2010年06月14日

傘の忘れ物

 今日もいつもの列車に乗りました。隣に立っていた人が傘をボックスシートの取っ手に掛けていたのですが、高崎駅で忘れていきました。声をかけようと思ったのですが人が多くてあっという間に見えなくなってしまいました。(ちょっと気付くのが遅かった…。)
 今日の帰りは19時台の列車です。雨がほとんど止んでいたためか傘を持っていない人も多かったです。涼しかったためか上着を着ている人が多かったです。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 19:51


【ニュースのコメント】
 JR四国が行った高松駅と大歩危駅間のトロッコ列車の運行の記事です。
 大歩危駅というと、そばに吉野川の大歩危の渓谷あり、そこへの遊歩道があるのが有名ですね。一度行ってみたいと思っているのですが、四国は遠いなぁ…。
 この旧国鉄時代のタラコ色というのですが、子供のころから両毛線の車体色として使われていなかったこともあり、今見ても懐かしさをまったく感じません。


旧国鉄カラー+トロッコ 高松−大歩危、ユニーク列車に歓声

 旧国鉄時代独特のタラコ色の列車と、トロッコ列車を連結させた珍しい臨時列車が、高松駅と大歩危駅間を運行し、鉄道ファンを喜ばせた。途中、車で行けない秘境駅として有名な坪尻駅では記念式典が行われた。
 列車はタラコ色のキハ47車両と、貨車を改造したトロッコ列車「清流しまんと号」(通称コトラ)を連結させた「タラコト秘境号」。JR四国によると、この組み合わせでの運行は全国初。鉄道ファンら約130人の貸し切りで運行された。
 列車には旧片上鉄道吉ヶ原駅の“駅長猫”として有名な猫のコトラも乗車。坪尻駅ではコトラに、阿波池田駅の1日駅長の委嘱状が渡され、運行を祝うテープカットも行われた。
(2010年6月14日 徳島新聞)


posted by 長流水 at 21:46| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。