2010年06月07日

無理に下りる必要性

 今日もいつもの列車に乗りました。あいかわらず混んでいます。高崎駅でホームから階段で上る人が非常に多いのに無理やりのように下りていくJR職員は何とかならないのかなぁ…。(少しくらい待てんのか…。)
 今日の帰りは19時台の列車です。いつもより乗客が多く立っている人もいました。もっとも、座っている人がつめればもっと座れるのですが…。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 19:51


【ニュースのコメント】
 前原誠司国土交通相というと鉄道ファンで撮った写真が秩父鉄道のカレンダーで使われたこともあるくらいですが、週末に山梨までD51を見に行かれたようです。
 山梨というと、鳩山さんが首相を辞める発端となった小沢さんとの会合に同席していた輿石さんの地元で、輿石さんは次期参院選を控えていて、選挙戦はなかなか厳しいという噂ですが、輿石さんの応援ではなかったようです。
 首相が変わり組閣中で留任が確定的な前原さんが時間のできた週末を利用して趣味でD51を見に行っただけという気もしますが、深読みをすると…。(以下、自粛。)


前原国交相お忍び来県D51“視察”

 菅直人新首相が閣僚人事などの調整に追われる中、前原誠司国土交通相が、突然来県し、JR中央線甲府−小淵沢駅間で運行されている蒸気機関車「D51」を“視察”した。民主党県連には知らされていないお忍びでの来県。居合わせた人によると、満面の笑みでD51を撮影していたという。大の鉄道ファンとして知られる前原氏。自身の国交相続投もほぼ固まり、山梨で羽を伸ばした様子だ。
 関係者によると、前原氏は午後5時27分着のスーパーあずさで甲府駅に降り立ち、同日の運行を終えて県立中央病院南側の電留線に止められたD51の見学に訪れた。
 現場にいた15人ほどの鉄道ファンから驚きの声が上がったという。前原氏は携帯電話のカメラでD51を数枚撮影し、付き添いの2人とともに数分後、車で立ち去った。
(2010年6月7日 山梨日日新聞)

 週末に敷島公園で行われているばら園まつりに行ってきました。
 昨年も行きましたが、天候不順の影響か去年よりは花が少なかったような印象です。
 P6060003.JPG “マチルダ”という品種です。


posted by 長流水 at 21:52| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。