2010年02月02日

架線トラブル

 今日はいつもの列車に乗れましたが、雪が降った翌日などに多い『栃木県内での架線凍結』という理由で大幅に遅れ、車内は非常に混んでいました。JR東には同じ理由を何度も言うことがないように保線管理をしようという考えはないようですねぇ…。昨夜から今朝にかけて保線管理は何をしていたんだ。> JR東
 今日の帰りはいつもの20時台の列車で帰りました。昨日よりは乗客が多かったです。
 雪の降った翌日は晴れて風の強いことが多いのですが、今日は曇って寒かったですね。風は弱かったのだけど…。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49(約23分遅れ)
復:高崎駅発 20:37




【ニュースのコメント】
 昨日からの雪で都内の交通機関に大きな影響が出たという記事です。
 上でも書きましたが架線の凍結や軌道上の積雪などは昨夜のうちから予想されていたことで、雪が夜半には止んでいたのに、なぜ営業運転を始める時間の前に対策をしておかないのでしょうか…。
 コストの関係で保線係員の確保するのが難しいのは理解できますが、今回のように数cm程度の雪で、多くの利用者が影響を受け、鉄道会社にとってマイナスイメージにしかならないような事態を避けようとする努力をしない鉄道各社の経営陣の考えていることが理解できません。



雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も

 1日夜から2日未明にかけて関東甲信地方に降った雪の影響で各地の交通機関が乱れ、スリップ事故や転倒でけが人が相次いだ。
 東海道新幹線は、降雪の影響を確認するため、始発から品川−小田原駅間で時速120〜170キロに速度を落として運転した。
 JR青梅線では、東京都羽村市の羽村−小作間の架線が凍結。電車への送電ができなくなり、奥多摩発立川行き普通電車など計30本が運休した。
 東武野田線は千葉県柏市の高柳駅で架線トラブルが発生し、上下線計19本が運休した。日暮里・舎人ライナーでは、軌道上に積もった雪のためゴムタイヤがスリップし、運転を見合わせた。
(2010年2月2日 毎日新聞)

 昨日の高校入試の日が今日のように列車が遅れがなかったのは、やはりラッキーだったのでしょうね。


posted by 長流水 at 21:43| 群馬 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動画大好きです
Posted by 動画侍 at 2010年02月03日 05:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。