2009年11月05日

帰省の割引

 今日の朝もいつもの列車です。ちょっと前から気になっていたのですが、高校生の数が少なくなったような気がします。インフルエンザが流行しているので通学時間をずらしたということではなく、ただ単に通学時間が遅くなっただけなのかなぁ…。
 今日の帰りはいつもより遅い21時台の列車です。今日の列車も久しぶりですが、思っていた以上に乗客が多かったです。いつもの20時台より高校生も多いんじゃないかなぁ…。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 21:43

【ニュースのコメント】
 JR東が年末年始の普通乗車券を割り引くという記事です。GWとお盆のときは高速道路のETC割引やインフルエンザの盛況で大幅に利用者を減らしたJRですが、年末年始は客を取り戻すのに必死ですね。
 稼ぎ時にあたる年末年始であっても割引をしないといけないほど、利用者が減っていることなのでしょうが、どの程度の効果があるでしょうか…。
 また、新幹線についても12月30日から1月1日の上りと1月1日と2日下りのについても割引を行うようですので、帰省のスケジュールを考慮してお得な乗車券を考えたほうがいいですね。
 詳しくはJR東のホームページ(URL http://www.jreast.co.jp/)で確認してください。



帰省列車、最大5割引き JR東日本、1000円高速に対抗

 JR東日本は、年末年始に首都圏から東北や信越地方に帰省する利用客向けに最大約5割引きの往復乗車券「ふるさと行きの乗車券」を発売すると発表した。
 同社が書き入れ時の年末年始に長い期間使える割引切符を販売するのは初めて。1000円高速や休みの取りにくい曜日配列などで減る見通しの客足をつなぎ留めたい考えだ。
 往復乗車券は首都圏と、JR東日本の営業区域内の決められた駅とを往復する。運賃割引率は9〜49%で、東京―青森を往復する場合、普通運賃の約46%引きの1万円。快速を含む普通列車の自由席に乗れる。新幹線や在来線特急に乗るには別に特急券などが必要。
(2009年11月5日 日本経済新聞)


ラベル:帰省 割引
posted by 長流水 at 23:30| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。