2009年10月15日

空いている感じだったが

 今日の朝もいつもの列車です。乗ったときはいつもと比べ乗客が少なく空いていましたが、新前橋駅を出るころにはいつものように混んでいました。こういうことがよくあるのですが、新前橋駅で乗る人がが多いわけでもないんだよなぁ…。
 今日の帰りはいつもの20時台の列車です。今日も乗客が多かったですね。途中の駅で乗ってくる人も多いし、どうしてかなぁ…。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 20:37

【ニュースのコメント】
 滋賀県米原市で60年以上前に作られたラッセル車キ555の保存のためにふるさと納税を募集しているという記事です。
 SLや引退した汽車などが公園などに置かれたままで、手入れをしていないために塗装がはげたり、錆びたりしているところは多いですが、その手入れのための費用をふるさと納税で集めるというのはいい案ですね。鉄道ファンはわけのわからないところに税金が使われるくらいなら、こういったところに使ってもらえるのは協力しやすいでしょう。
 ふるさと納税の問題は、自分が住んでいる自治体に後で申告が必要になることですね。その手間をどう考えるか…。



ふるさと納税でラッセル車の保存を

 鉄道の街・米原のシンボルを残そうと、故郷などへの寄付「ふるさと納税」の新メニューとして、米原市は1943年に造られ、現在は米原公民館前に展示されているラッセル車の保存を付け加えた。
 米原〜大垣駅間で活躍したラッセル車「キ555」は、1982年に旧国鉄から市に貸与された。しかし車両は風雨にさらされ、さびが出るなど、経年劣化が問題となっており、化粧直しを必要としている。
 SL時代のラッセル車は、国内でも2両しか残っておらず、「米原が鉄道の街であったという証を大切にしたい」と保存を呼び掛けている。
 寄付金のうち5000円を超える額は、所得税や住民税の控除が受けられる。
(2009年10月15日 中日新聞)


posted by 長流水 at 21:35| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。