2009年09月15日

傘は留めてほしい

 今日の朝もいつもの列車です。雨が降っていたので濡れた傘を持っている人もいましたが、私の隣に立っていた人は濡れた傘を閉じたままで、電車が揺れるたびに足に当たりズボンが少し濡れました。列車に乗るときは濡れた傘は留めましょう。
 今日の帰りはいつもの20時台の列車です。昨日と比べると空いていました。高崎駅の東口のところの交差点でおじさんに『ヤマダ電機はどこ?』と聞かれたのですが、あれは新手のキャッチだったのかなぁ…。(目の前にあるのですが…。)

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 20:37

【ニュースのコメント】
 こだまというと多くの人は新幹線のこだまを思い浮かべると思いますが、新幹線開業前にも特急電車としてこだまはあり、今年の鉄道の日にデビュー50周年を記念してプラレール『151系特急電車こだま号』として発売されるそうです。
 151系特急電車は『こだま』のイメージを新幹線に持っていかれたためか、引退後もほとんどの車両は破棄されていて、見ることのできるのは鉄道博物館くらいでしょうか…。
 ジョイフルトレイン(お座敷列車)に改造されて現役でがんばっているものもありますが、『151系特急電車こだま号』の面影はありませんね。



50年前の「ビジネス特急」をプラレールに タカラトミー

 タカラトミーは鉄道玩具「プラレール」の発売50周年を記念し、「151系特急電車こだま号」を発売する。プラレールと同じ1959年にデビューした「151系こだま号」を模し、車のボンネットのような先頭車両や屋根のエアコンなど細部の部品の形にもこだわって作ったという。
 3両編成で、子どもだけでなく、車両が現役で走っていた時代を知る大人の購入も見込む。
 151系こだま号は東京―大阪間を約6時間50分で結び、「ビジネス特急」の愛称で親しまれた。東海道新幹線開通前の高速度実験にも挑戦、59年7月31日に時速163キロの記録を出した。
(2009年9月15日 日本経済新聞)


posted by 長流水 at 22:33| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いやー工ッチ大好きって聞いてたけど、ここまでとは思わなかったよwww

フツー初対面の男と会う時にヴ ァ イ ブ入れてくるか?コイツぶっ飛んでるわwwwww

ま、ホテルで即ヴ ァ イ ブ引き抜いて息子ぶち込んだけどな☆ヽ(・∀・)ノ

こーいう子って入れるとすぐにイっちゃう子が多いから男はラクなんだよねぇwwwww

http://gOm.ChUeBrArIn.com/drdqy1w/
Posted by やっほほーい!! at 2009年09月16日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

A列車で行こう
Excerpt: A列車で行こうの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「A列車で行こう」へ!
Weblog: A列車で行こう
Tracked: 2009-09-16 01:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。