2009年06月29日

ホームの禁煙化

 今日の朝もいつもの列車です。前橋駅で左前の席が空いたのですが、右隣に立っていたおばさんが間髪要れずに座りました。動きの遅くなる年齢くらいの方でしたが、こういったときの動きは機敏ですねぇ…。
 今日はよく利用する20時台の列車です。今日は雨は降らないかと思ったのですが、雨が降り出したこともあり人が多かったです。それでも立っている人はほとんどいませんでした。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 20:37

【ニュースのコメント】
 JR西が駅のホームを禁煙にするという記事です。JR東やJR東海ではすでに実施済みなので、JR西もやっと(とうとう?)ですね。
 タバコを吸う人には、多くの列車が禁煙になり、ホームでも吸えなくなるので、鉄道利用時は大変だと思いますが、受動喫煙の問題があるので時代の流れでしょうね。



JR西日本:来月から、主要251駅を全面禁煙

 JR西日本は、京阪神の主要区間を含む251駅で、ホームの全面禁煙に踏み切る。既に、首都圏などでは禁煙化が進んでいるが、関西の鉄道会社の中では初の本格的な実施となる。
 駅ホームの禁煙を巡っては、JR東日本が今年4月、首都圏201駅の喫煙所を撤去。関東の大手私鉄も駅の全面禁煙を実施している。JR東海も3月、在来線の全393駅を対象とした。
(2009年6月29日 毎日新聞)

 この駅のホームが禁煙になった、最大の原因は喫煙者のマナーだと思います。列車が来るまでタバコを吸っていて、吸殻を線路に投げ捨てる、ホームに捨てるという行為を数限りないほど見ました。これまでは駅員がホームの掃除などで捨てられた吸殻の対応してきましたが、コスト削減で掃除用の人数を減らしたいJRなど鉄道会社の吸殻のポイ捨ての対処法がホームでの禁煙でしょうね。
 これ以上、吸える場所が減らされたくないなら、まずはマナー向上が必要だと思います。


posted by 長流水 at 22:23| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。