2009年06月16日

リニア新幹線のルート

 今日の朝もいつもの列車です。朝からポツポツ程度の雨が降っていたので傘を持っている人が多かったです。でも、最近の梅雨はシトシトという雨より、夕方から夜にかけてのスコールのような雨が多い気がします。(温暖化の影響かなぁ…。)
 今日も少し早い時間の列車です。昨日の列車も混んでいましたが、この列車も人が多かったです。雨が降って気温が低かったためか、1枚多く着ている人が多かった感じです。(私はワイシャツ姿です。)

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 19:19

【ニュースのコメント】
 リニア新幹線についての記事です。先日、JR東海が『リニア新幹線の駅は1県1駅』と発表したのと、ルートとして東京と名古屋を結ぶ直線ルートでの建設を目指すことから、いろいろな意見が出ていますね。
 JR東海が計画しているルート沿線の自治体は賛成で、他のルート案の沿線の自治体はおおむね反対という事ですが、北を迂回するルートなんて比較のために考え出されたルートで、誰もそのルートになるなんて思っていなかったんじゃないのかなぁ…。
 私に言わせれば、リニア新幹線は国の東西を結ぶ重要なインフラではありますが、基本的な計画から建設、運営まで全てJR東海が行うのであれば、JR東海の意向に沿う形がいいと思っています。いろいろな自治体が望んでいる北に迂回するルートではJR東海は建設費、効果(現行の新幹線と比べ短縮する時間)、利用客を考えてメリットがないのでしょう。



リニア迂回ルートは数千億円増 JR東海が提示へ

 JR東海が、2025年に首都圏−中京圏での開業を目指すリニア中央新幹線の計画について、自民党リニア特命委員会に3案あるルートの建設費試算を提示することが分かった。JRが想定している直線ルートに比べ、長野県が要望している南アルプスを北に迂回するルートは数千億円多くかかることを示す。
 JR東海は、自民党の会合後、長野県など沿線の各自治体に個別に説明する。建設費が大きく膨らむことを具体的な数字で示すことで、自治体側に対し迂回ルートが実現困難であることを示唆する狙いがある。JRはあくまでも直線ルートで建設したい考えだ。
 迂回ルートは直線に比べ、距離が50〜60キロ長くなり、用地買収などでコストがかさむという。
(2009年6月16日 47NEWS)

 だいたい、金を出さずに口を出すな。って、金を出さずに口を出すのが政治家かぁ…。(正確には『金をもらって口を出す』かな?)


posted by 長流水 at 21:20| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

A列車で行こうDS
Excerpt: 「A列車で行こうDS」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
Weblog: A列車で行こうDS
Tracked: 2009-06-17 03:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。