2009年03月30日

わてつの駅長

 週末は風が強かったのですが、週があけて平日になると穏やかで暖かい日になりますねぇ…。
 今日の朝の列車は相変わらず春休みなので少し余裕があるといった感じです。高崎駅のホームの階段で前を歩いている人が手に持っていたカバンを突然背負ったのでぶつかりそうになりました。混んでいる階段では周りを確認してほしいですね。
 今日の帰りは平日としては少し早い時間の列車に乗りました。この列車は編成が長い(6両?)し、高校生が乗っていないので空いていました。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:49
復:高崎駅発 19:50

【ニュースのコメント】
 わたらせ渓谷鉄道で開業20周年式典が行われ、以前募集していたボランティア駅長の就任式典が行われたそうです。駅長の中には2人の女子高生がいてそれぞれ、運動公園駅と水沼駅の駅長になったようです。
 わたらせ渓谷鉄道がこれからどうなっていくのかは分かりませんが、沿線の人がこれを期にわたらせ渓谷鉄道に興味をもち、利用する人が増えるといいですね。
 水沼駅というと昨年末から休業していた温泉センターの譲渡先が決まり、来月中に営業再開となるそうです。
 わたらせ渓谷鉄道の20周年記念イベントの情報はホームページ(URL http://www.watetsu.com/)にあります。(駅長さんの名前もありました。)



わたらせ渓谷鉄道の無人12駅に「ふるさと駅長」

 のわたらせ渓谷鉄道大間々駅前で、同鉄道開業二十周年記念式典が行われ、「ふるさと駅長」十二人に松島茂社長から委嘱状と帽子、腕章が手渡された。
 合理化の影響で全十七駅中、十二駅が無人となっている。「沿線住民にみんなの鉄道という意識を持ってもらおう」(松島社長)と、初めて駅業務を一年間サポートするボランティアを募集した。意欲の強さと駅周辺に住んでいるかなどで選考され、十七歳の高校生から七十五歳の男性までの十二人が選ばれた。
(2009年3月29日 上毛新聞)

 土曜日の夕方に下り列車に乗っていたら前橋駅を出てすぐに前橋赤十字病院(前橋日赤病院)の屋上にヘリコプターが停まっているのを見ました。
 調べると群馬県ドクターヘリとして、先月から活動を開始しているようですね。今まで気がつきませんでしたが、普段から前橋赤十字病院の屋上に駐機しているようです。土曜日は風が強かったのですが、あの強風でも離着陸は問題ないのかなぁ…。
 それほど広い群馬県ではありませんが、救急車で搬送した場合、時間のかかる場所も多いので、ドクターヘリが導入されることで多くの命が助かるといいですね。


posted by 長流水 at 21:04| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。