2009年03月04日

心配された雪の影響はなし

 今日の朝の列車は雪の影響を心配した人が多かったのか混んでいました。が、雪は朝にはほとんど融けていて、道路も乾いているところが多い状態だったので『みんな心配性だなぁ…』ですかね。
 今日の帰りはいつもの20時台の列車です。今日も上りの列車に遅れが出ていて新前橋駅で待ちがありましたが、今日の車掌さんはドアを閉めてくれました。昨夜、花粉症の薬を飲み忘れて、鼻水が止まらない状態だったのでうれしかったです。

【今日の両毛線
往:高崎駅着  7:51
復:高崎駅発 19:50

【ニュースのコメント】
 JR東の2月の営業収入が前年同月比で過去最大の落ち込みだったという記事です。
 今年の2月は連休もなかったし、雪不足に暖冬とスキー客などが減少したこともあるのでしょうが、最大の影響は不況による出張利用者の減少という事です。
 私が勤める会社でも、できる限り出張せずに電話会議やテレビ会議などで対応するように指示が出ていますが、この流れはどこもいっしょですね。
 ただ、電話会議やメールのやり取りに頼っていると、互いの意識にずれがでて後で痛い目に会うので、Face to Faceの打合せの機会を作る必要はありますね。テレビ会議というのは案外うまくいかないのは何故でしょうか…。



JR東日本、鉄道収入落ち込み幅最大 2月の中長距離

 JR東日本は2月の中長距離の鉄道営業収入(100キロ超、定期は除く)が前年同月より13.8%減ったと発表した。比較可能な記録がある92年以降では最大の落ち込み幅。
 落ち込みが目立つのは東北新幹線東京―宇都宮の回数券で、2月の販売は同25.5%減。「宇都宮周辺は自動車関連のメーカーが集積しており(出張減少の)影響が出たことが考えられる」と分析した。
 定期や近距離も含めた2月の鉄道営業収入全体では同8.6%減。
(2009年3月3日 朝日新聞)

 ちょっと民主党批判。小沢さんが会見の検察批判の中で『前例がない』というコメントをしていましたが、改革を掲げている政党の党首の口から出る言葉ではないですね。
 この人の根っこの部分が前例を大事にする保守ということなのでしょうねぇ…。
 もっとも最近の民主党は生活者保護など保守でも改革でもない、左派的なことばかりかもしれないけど…。(それならそれで、政権を取ったら社会保障などでは前例がないことをするんじゃないのかなぁ…。)

 どっちにしても与党や野党がゴタゴタゴタゴタしている間に、日本の経済はどんどんどんどん悪くなっていくということだけは間違いないですね。


ラベル:花粉症 不況
posted by 長流水 at 22:35| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。