2009年02月13日

イギリスは日本の新幹線

 今日の列車は私が乗った駅ではいつもより少しすいていましたが、井野駅ぐらいではいつもとあまり差がなかったです。
 今日の帰りは週末なので残業せずに17時台の列車です。いつも空いている列車ですが、今日は特に空いていました。

【今日の両毛線
朝:高崎駅着  7:51
夜:高崎駅発 17:52

【ニュースのコメント】
 日立がイギリスで高速鉄道の事業を受注したという記事です。景気の悪い話が続いていたので、このニュースは大きいですね。
 あちこちの新聞にも記事がありますが、受注金額は総事業費で鉄道敷設なども込みの金額なので、日立に実際に入ってくる金額ではないですね。
 しかし、イギリスは高速鉄道は日本の技術ですね。ドーバーを隔てて隣に、高速鉄道では世界有数の技術国フランスがあるのに、日本を選ぶところにイギリスの意地を感じますね。



日立、英国で高速鉄道車両を大量受注

 日立製作所は最大1400両の高速鉄道車両を納入する優先交渉権を、英運輸省から得た。13年から6年間で実用化される。実際は地元投資会社などと特別目的会社を設立、鉄道運行会社に車両をリースする。車両の1割はリチウムイオン電池も搭載した環境対応車両で、保守事業も日立が担当。総事業費は1兆円規模。
(2009年2月12日 朝日新聞)

 昨日、オープンしたことを書いたコンビにですが、今日はオープンセールのようなことはしておらず、普通の営業でした。コンビニのオープンってこんなにあっさりしたものだったっけ…。
 そういえば、前橋の国道50号沿いに、建物はできたけどずっとオーナー募集になっているコンビニがありますね。まだ、オープンしていないのかな?


posted by 長流水 at 19:26| 群馬 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英国が日立の鉄道を買ってくれるんなら、日本は英国のタイフーン戦闘機を買うべきでしょう。それが通商貿易っていうもんでしょう。日本はいまだに国防上最重要の戦闘機の自主開発ができないですし。紳士協定として日本が英国に鉄道を輸出して、英国が戦闘機を日本に輸出する。これがフェアプレーってもんだと思います。昔のように集中豪雨的に輸出してあとは知らん顔じゃあいかがなもんですかね。英国が苦しい経済情勢の中で一兆円規模の決断したんですから、日米同盟があるにせよ日本もG8のメンバーとして大人の度量を示すべきです。いかがですか?。
Posted by ツシマ at 2009年02月21日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。