2009年01月22日

濡れたカサはたたんでほしい

 今日の朝もいつもの列車です。朝、小雨が降っていたので列車の中は傘を持っている人と、持っていない人がいました。濡れた傘を閉じたままの状態の人もいますが、混雑した列車の中ではたたんでほしいです。
 今日も帰りはいつもの20時台の列車です。1日すっきりとしない天気だったためか車内は床が濡れていてじめじめした感じでした。

【今日の両毛線
朝:高崎駅着  7:51
夜:高崎駅発 20:37

【ニュースのコメント】
 山形新幹線の秋田県横手市までの延伸を望んでいる団体(山形新幹線延伸早期実現期成同盟会)が、秋田県湯沢市で行われる“犬っこまつり”の見学のツアーを企画しているという記事です。
 980円の費用で、2,000円以上の乗車券付きの内容なのでお得ですね。
 ツアーは山新観光が実施するようですが、山新観光のホームページ(URL http://www.travel-ysk.co.jp/)には情報がありません。ホームページに載っている新庄営業所の電話番号で問合せてください。



列車で“格安”日帰りの旅 2月、新庄−湯沢間を往復

 秋田県横手市までの山形新幹線延伸の早期実現を目指す期成同盟会と山新観光は、JR新庄駅発着で秋田県湯沢市を訪れる日帰り旅行「奥羽本線で行く 湯沢の犬っこまつり見学と湯沢の街並み散策」を企画した。参加者を募集している。
 犬っこまつりは、約400年の歴史がある小正月の伝統行事。盗賊が現れないように玄関などに米粉で作った犬の人形を置いたのが始まりで、現在は家の入り口に小さな神社や犬の雪像を作るという。
 出発日は2月14、15の両日で時間はそれぞれ新庄駅発午前8時39分と午後2時22分の2回。参加費は980円。JRの往復乗車券(2220円相当)のほか、祭り会場で利用できる500円分の買い物券、市内散策のガイド料も付く。期成同盟会から助成が出て格安料金が実現した。
(2009年1月21日 山形新聞)


posted by 長流水 at 22:31| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。