2008年11月26日

新幹線の寝台車

 今日の朝の列車はほぼ定刻どおりに運行で、高崎駅にもほぼ予定通りに着きました。寒くなって風邪が流行っているようなので、列車内ではマスクをするようにしました。
 今日は早い18時台の列車に乗りました。この時間の列車は週末も、平日もあまり乗客の数に変化が少ないようです。

【今日の両毛線
朝:高崎駅着  7:51
夜:高崎駅発 18:43

【ニュースのコメント】
 中国で新幹線車両の寝台車が登場するという記事です。日本では夜間(0−6時)の新幹線の運行は騒音問題の関係で行われていないので、将来、札幌−鹿児島間の新幹線が走るようなことになっても寝台列車が走ることは難しそうですが。さすがに国土が広い中国では北京−上海間などメジャーな都市間で寝台が走るのはすごいですね。
 料金、所要時間などの問題からビジネス用途で寝台新幹線を利用するのは難しいかもしれませんが、旅行でなら乗ってみたいという鉄道ファンは世界中に多いでしょうね。



「新幹線の寝台車」登場…北京−上海間など12月下旬

 新京報によると、上海鉄道局は、北京−上海、北京−杭州で高速車両のCRH2を寝台車仕様に改造した列車を運行することを明らかにした。CRH2は日本のE2系新幹線電車がベースになっている。
 列車は16両編成で、両端は日本のグリーン車に相当する「軟座車」。別に食堂車1両があり、残りの13両はコンパートンメント形式の寝台車の「軟臥車」となる。1室当たりに4つの寝台を備え、1車両当たりでは40人が利用できる。
 これまで同区間のCRH2運行は昼間に限られていた。到着まで10時間程度かかったので、ビジネス目的の利用者から「時間を有効利用できない」との批判があった。
(2008年11月25日 サーチナ)


posted by 長流水 at 19:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。