2008年11月20日

線路上に倒れたクマ

 朝、家から駅につくとホームに人が多いので『これは列車が遅れているな』と思い混んでいることを覚悟しました。列車は5分ほどの遅れで、車内は非常に混んでいました。車体はいつもと同じ白い107系ですがどうもいつも乗っている列車ではない感じでした。(多分、1本分遅れていた。)列車の中ではアナウンスがなかったのですが、JR東のホームページ(URL http://www.jreast.co.jp/)で調べてみると新前橋駅での信号トラブルで遅れていたようです。高崎駅には(私の中では)定刻より5分ほどの遅れで到着でした。
 今日は昨日より遅い21時台の列車に乗りました。この列車はあまり遅れていませんでしたが高崎線から来る列車は遅れていました。また、先日乗ったときより学生が多かったです。

【今日の両毛線
朝:高崎駅着  7:51
夜:高崎駅発 21:17

【ニュースのコメント】
 列車と接触したクマが線路上で倒れていたため、秋田新幹線に遅れが出たという記事です。
 クマと接触した列車の乗務員が探して見つからなかったということですが、実際には線路上に倒れていたということですね。『なぜ線路上に倒れていたクマが見つからないのか?』という疑問がでそうですが、列車がクマと接触してから停車するまでには1km近く走ってしまうので、5分程度の捜索で見つからないのは当然ですね。それにしても、後続車両が事故を起こさなくてよかったですね。



鉄道トラブル:線路上に倒れたクマで8本遅延−−仙北・こまちと普通列車

 仙北市田沢湖のJR田沢湖線刺巻−神代間で、盛岡発大曲行き下り普通列車が進行方向左側から来たクマと接触し、緊急停車した。乗客にけがはなく車両の破損もなかった。運転士らが付近を探したがクマは見当たらず、約5分後に運転を再開した。
 その約10分後、ほぼ同じ地点で秋田発東京行き上り秋田新幹線こまち22号の運転士が線路上に倒れているクマを発見。クマは猟友会によって運ばれ、午後5時に運転を再開した。
(2008年11月19日 毎日新聞)


ラベル:クマ
posted by 長流水 at 23:39| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。