2008年10月27日

レンガ造りの「旧丸山変電所」の内部公開

 先週末から、さらに寒くなった感じでしたが、天気のよくなかった週末と比べ、今日は晴れていたので、それほど寒くなかったですね。晴れたのに風がほとんどないということはまだ冬ではないのでしょう。朝の列車も日が差し込んでいたので厚いくらいでした。
 今日は19時台の列車で帰りました。先週金曜日より50分遅い時間ですが、この列車の乗客も高崎駅を出発するときは通勤者、通学者が半々くらいです。5(6?)両編成なのであまり混んではいません。

【今日の両毛線
朝:高崎駅着  7:51
夜:高崎駅発 19:06

【ニュースのコメント】
 信越線横川駅からハイキングコースアプトの道歩いて20分ほどのところにある旧丸山変電所が内部公開しているという記事です。
 旧丸山変電所には横川駅から歩くか、碓氷峠鉄道文化むらのトロッコ列車『シェルパくん』に乗って行くことができます。
 旧丸山変電所にはレンガ造りの建物が2つあり、どちらも無骨な作りながら所々時代を感じさせる装飾のある歴史を感じる建物です。
 旧丸山変電所



れんがの変電所見学 「旧丸山変電所」内部を公開

 安中市松井田町の旧JR信越線横川−軽井沢駅にある国重要文化財「旧丸山変電所」が内部公開され、多くの見学者が訪れている。31日まで。
 近代化遺産の価値について理解を深めてもらおうと、全国近代化遺産連絡協議会が行っている「近代化遺産全国一斉公開2008」の一環。同変電所は一九一二年建造。れんが造りが美しく、「めがね橋」とともにファンが多い。
(2008年10月27日 東京新聞)
 横川駅周辺の出身者に聞くと、重要文化財に指定される前の旧丸山変電所には(いろいろな意味で)怖くて近づけなかったということです。
 碓氷峠鉄道文化むらでは、今(〜11月30日)、スタンプラリーをしています。また、明日は群馬県民の日で割引もあるようです。
 なお、信越線はSuica対応していませんので、紙の切符を買ってから乗りましょう。


posted by 長流水 at 20:16| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。