2008年09月24日

小坂鉄道が来春廃止

 秋田県にある貨物用の鉄道である小坂鉄道が来年の3月で廃止になるというニュースです。この小坂鉄道は今年の3月から休止状態だったので、近いうちに廃止になることは確実視されていましたが、その時がとうとう来たといった感じですね。
 以前は旅客業務もやっていましたが、1994年に旅客をやめてからは、終点の小坂駅以外は廃止され、廃止された駅の多くは駅舎も取り壊されていた状態でした。
 レールは残っていますが、これも来春にはなくなってしまうのでしょう…。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:38 MAXたにがわ

 今日の朝はいつもの新幹線MAXたにがわに乗りました。ついこの前までは車外より車内のほうが温度が低かったですが、今日は車内のほうが暖かでした。秋ですねぇ…。
 今日の帰りの新幹線は16両編成のMAXたにがわに乗りました。いつものように、熊谷駅から先は申し訳ないほど空いていました。



小坂鉄道、来年4月1日で廃止 秋田

 秋田県小坂町の小坂駅と同県大館市の大館駅を結ぶ小坂鉄道が来年4月1日で廃止されることが決まった。小坂製錬が鉄道事業の廃止を国土交通省に届け出たもので、明治41(1908)年の開業以来100年にわたる歴史に幕を閉じることになる。
 同鉄道は、明治から大正期にかけて日本一の銅山といわれた小坂鉱山専用鉄道として開設された。一時は旅客も輸送してきたが、平成6(1994)年に旅客営業を中止。今年3月には小坂製錬が濃硫酸の製造を停止したことから、貨物輸送も休止していた。
(2008年9月23日 産経新聞)


ラベル:小坂鉄道 廃止
posted by 長流水 at 22:41| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。