2008年09月10日

信越本線、開業120周年で記念駅弁

 信越本線の駅弁というと横川駅の峠の釜飯が有名ですが、その横川駅からして碓氷峠の反対側の軽井沢駅で信越本線の開業120周年の記念駅弁を売るというニュースです。
 今の群馬県側の信越本線はSuica対応すらしていない完全なローカル線といった感じなので、新幹線の停まる軽井沢駅で売るのは妥当かもしれませんね。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:58 MAXとき

 今日の朝はいつもの新幹線MAXたにがわに乗りました。最近、見なかったポケモン新幹線ですが、先発のあさまと、高崎駅に停車していた後発のMAXたにがわがポケモン新幹線でした。
 今日の帰りの新幹線は熊谷駅に停車するMAXときに乗りました。この新幹線は大宮駅で乗っても座ることができました。



旧信越本線:開業120周年で記念駅弁−−軽井沢

 旧信越本線開業120周年を記念し、しなの鉄道とJR東日本長野支社は、荻野屋の特製弁当「松茸めしと信州の彩り」を13〜15日、10月11〜13日、11月22〜24日の9日間、軽井沢駅と上田駅で売り出す。
 期間中の午前、午後の2回、軽井沢駅ホームで昔のスタイルで「峠の釜めし」の立ち売りが復活する。
(2008年9月9日 毎日新聞)

 そういえば、関越道の高崎ICそばにあった荻野屋の和食レストランは閉店しましたね。値段は高めでしたが、会食をするにはよかったので残念です。
 なお、店の外(駐車場)で売っていた釜飯は今も購入可能です。

P.S.
 私事ですが異動で職場が変わるため、新幹線通勤ではなくなることが決まりました。そのため、異動後はテーマを変える予定です。


posted by 長流水 at 21:46| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。