2008年08月29日

クマが落とした丸太に衝突

 只見線の事故のニュースです。線路脇に置いてあった丸太をクマが動かして列車と衝突したということですが、これは怖い話ですね。
 土砂災害などはある程度なら予想可能なので避けることもできますが、動物相手では対策のしようがないでしょう。街中を通る線路はフェンスで囲われていますが、田舎はそういったことがされていないので線路へ誰でも入れてしまいますからね。
 昔、カラスが線路へ置石をするという話を聞いたことがあったと記憶していますが、あれって本当だったのでしょうか…。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:58 MAXとき

 今日の朝もいつもの新幹線MAXたにがわに乗りました。群馬圏内の在来線は大雨の影響なく通常通り運転していたので、新幹線もいつもと変わらなかったです。
 今日の帰りは12両編成の新幹線MAXときに乗りました。週末ということもあり、混んでいましたが座ることはできました。



鉄道トラブル:列車が丸太に衝突、停車 クマが落とす?−−JR只見線

 柳津町細八のJR只見線の下原踏切付近で、会津川口発会津若松行きの上り普通列車が、線路内に落ちていた丸太(直径30センチ、長さ約50センチ)に衝突し、現場に約1時間半停車した。乗客71人にけがはなかった。
 調べでは、衝突現場わきの約6メートル上の斜面に、伐採された樹木が置かれていた。丸太にはクマのつめ跡があったことから、クマが丸太に触れて落とした可能性があるとみて調べている。
(2008年8月28日 毎日新聞)


ラベル:クマ 丸太 只見線
posted by 長流水 at 21:51| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。