2008年07月10日

駅員への暴力行為、過去最多

 駅員や乗務員への暴力が増えているというニュースです。
 暴力を肯定するわけではありませんが、鉄道職員の言動や行動でこれは直さないといけないのではないかということがあります。
・列車が遅れホームに人があふれ、危険な状況になっても整理しない。
・列車が遅れて説明をしている職員が詳細な状況を把握していない。
 説明内容が他人事のようになっている。
・混雑している階段を人の流れを逆らうように歩く。
 職員のエスカレータ使用を制限しているのだと思うますが、混雑時はエスカレータを使用してほしい。

 暴力行為は許されるものではありませんが、「暴力はいけません」というキャンペーンだけで経るとは思えないので、鉄道会社も顧客満足度を上げるようにしないとだめでしょう。
 鉄道会社の経営者って自分の会社が顧客にどのくらい満足されているのか知っているのかなぁ…。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:18 MAXとき

 今日の朝はいつもの新幹線MAXたにがわに乗りました。私が乗る車両はホームの喫煙ルームのそばなのですが、喫煙ルームはいつも人がたくさんいます。タバコをすう人は他の人のタバコの煙って気にならないのでしょうか?
 今日の帰りの新幹線は12両編成のMAXときに乗りました。この新幹線は座れないことが多いのですが、今日はすこし空いていて座ることができました。
 高崎駅西口に新しくできたヤマダ電機は、明日、開店なので、帰りに店の前を見たら、既に開店待ちの人が並んでいました。私も新しいパソコンがほしいけど徹夜して並ぶ根性はないなぁ…。



駅員への暴力行為、1年間で748件…過去最多

 昨年度1年間に駅係員らが乗客から受けた暴力行為は、統計を始めた2004年度以降で最多の748件に上ったことが、日本民営鉄道協会のまとめでわかった。
 飲酒の有無が判明したケースでは、61%が飲酒後だった。忘年会などで酔客が増える12月の発生が91件で最も多かった。
(2008年7月9日 読売新聞)


posted by 長流水 at 20:54| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。